オイスターケーキの名店「Maxwell Fuzhou Oyster Cake」

解説

午後遅めの時間は比較的空いています


シンガポールで人気のおやつのひとつが、オイスターケーキ。ケーキと言っても、甘いケーキではなく、カリカリの皮の中には、ひき肉や海老、セロリを混ぜたフィリング、そして牡蠣が入っているもので、有名店の前には行列が出来ることも。中でも、マックスウェルフードセンターの中にある「Maxwell Fuzhou Oyster Cake(マックスウェル・フージョー・オイスターケーキ)」は人気のお店です。

なんでも、牡蠣好きで知られ、テレビ番組の司会も務めているアメリカの有名シェフ、アンソニー・ボーディンも食べに来たと言う有名店。揚げ物なので、当然カロリーはお高め。でも、他の食事を全部抜いてもいいから、ここのオイスターケーキをお腹いっぱい食べたい! というマニアの声も聞かれます。持ち帰りもできますが、もちろん、揚げたてのアツアツを、その場で食べるのがお勧めです!

オイスターケーキなのに、「オイスター抜き(1.5シンガポールドル)」というチョイスもできますが、牡蠣が苦手でなければ、オイスター入り(2シンガポールドル)が断然お勧めです。

シンガポールで人気のおやつ、そのお味は?

解説

熱々をいただくのが一番


解説

中身はこんな風になっています

注文すると、油紙に包まれた揚げたてアツアツのオイスターケーキが渡されます。
端の部分がカリカリに揚がった、やや小ぶりなどら焼きのような形のオイスターケーキ。一口かじると、たっぷり入った牡蠣の旨みとジューシーさが口中に広がります。そして、ふんわりとしたセロリの香りとひき肉が牡蠣の味わいを後押しし、海老がプリプリとした食感を与えてくれます。表面に乗っているピーナッツも香ばしいアクセントになっています。

マックスウェルフードセンターには、このオイスターケーキだけでなく、毎朝大行列のお粥のお店「真真粥品」、3代続く老舗のピーナッツスープのお店「75 Peanut Soup(花生湯)」、チキンライスの有名店などが揃っています。ぜひ足を運んでみてくださいね!

<DATA>
■Maxwell Fuzhou Oyster Cake(洪家福州蠣家)
営業時間:9:30~20:00 日曜休 
住所:1 Kadayamallur St Stall 5 Maxwell Food Centre, 069184
アクセス:MRTチャイナタウン駅徒歩7分、マックスウェルフードセンター内









※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。