お悩み10:眉毛がまだらに生える

生え方にばらつきがあると、どこをどうやって描けばいいのか、迷ってしまいますよね。基本的には、基本の描き方に従えばOK。その後、まだらをカバーするプラスαを施して。

足りない部分を濃い色で描き足す
基本の描き方どおりに眉毛を描いたら、鏡で顔全体をチェックします。そのとき、毛が薄かったり、肌色が見えていたりする、まだらな部分を見極めます。そこを、濃いパウダーで埋めていきましょう。チョンチョンと、軽くおさえるように色をのせて。

【POINT】必ず、引きで顔全体をチェック
鏡をのぞきこんだ状態で仕上げると、左右がアンバランスになったり、眉毛だけやたら目立ったり、失敗しやすくなります。必ず、顔全体を見て、バランスを確認しましょう。


【眉毛の10大悩みをチェック】

お悩み1:夕方になると「まろ眉」に……
お悩み2:とにかく小顔に見せたい!
お悩み3:眉毛カットのやり方が分からない
お悩み4:左右対称に描けない
お悩み5:自分に向いているアイテムを教えて!
お悩み6:理想のイメージに合わせて眉を変えたい
お悩み7:目と眉毛の間隔が広くて、顔がぼんやり見える
お悩み8:眉マスカラがうまく使えない
お悩み9:眉と眉の間が離れすぎている
お悩み10:眉毛がまだらに生える
このページは2012年10月23日時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。