ナチュラルたれ目アイメイクのポイント

>デカ目のポイント1

デカ目ポイント1
ピンクを下まぶたに使えば、腫れぼったく見えない!

アイホール(Aの部分)に広げるのはイエロー。ピンクは、Bの下まぶたの部分にだけ使うのがポイント。

目が腫れぼったく見えそうで、敬遠しがちなピンクだけど、下まぶたに使えばその心配は無用。ピンク効果でフェミニン&奥行きのある目元が作れます。

デカ目のポイント2

デカ目ポイント2
目を開けた状態で、たれ目ラインを描く

黒のペンシルライナーで、目頭から目尻プラス3~5mmの位置まで、アイラインを引きます。タレ目に見えるように、目尻のラインは斜め下に描き足しましょう。

目を開けた状態で、たれっぷりを確認しながら描くのがポイント。目を閉じて行うと、ラインが跳ね上がってしまいがちなので注意。

デカ目のポイント3

デカ目ポイント3
下まつげにビューラーをかけて、目の縦幅をさらに拡大

ビューラーを、上まつ毛に使うときとは表裏反対に持ち、そのまま手首を手前に返して、下まつ毛をはさみます。下まつ毛を、くるんとカールさせることで、目の縦幅が拡大し、デカ目に!

上手にはさめない人は、目尻用のミニサイズのビューラーでもOK。