爪へのダメージを最小限にする、正しいジェルオフ方法とは?


ソフトジェルならリムーバーでオフが可能!

ソフトジェルならリムーバーでオフが可能!


ジェルネイルを無理矢理剥がしてしまうのは、爪に大きなダメージを与えるので、絶対にNG。健康な爪を保つためにも、正しいジェルオフ方法をマスターしましょう。

ここではジェルネイルリムーバーを使用した、ソフトジェルのオフ手順を紹介します。


用意するものは、アセトンもしくはソフトジェル専用リムーバーとアルミホイル、コットンです。


 



undefined

 


1. ジェル表面を粗めのバッファーでサンディングします(ジェルの表面を削って傷をつける)。
こうすることによってリムーバーを浸透しやすくします。


 

undefined

 


2. 爪の大きさ程度にカットしたコットンにリムーバーを充分しみ込ませます。そのコットンを画像のようにアルミホイルにセットし、手前を折り返します。
ロールのホイルを切って使用しても構いませんが、カップホイルだと指に巻きつける程よい大きさなのでオススメです。


 

undefined

 


3. 爪の部分がコットンに当たるように指を置きます。リムーバーが皮膚に付着するとかぶれてしまう場合があるので、コットンはジェルが付いている爪部分だけに当たるように注意。
折り返したホイル部分が甘皮周りの皮膚にリムーバーを付着しにくくさせます。





 

undefined

 


4. 指を密封するようにホイルを包み込みます。
皮膚が弱い人は、この時に甘皮周りにキューティクルオイルを塗布すると、保護となって良いでしょう。


 

undefined

 


5. この状態で10分~20分程度待ちます。

ジェルのメーカーによってこの待ち時間は異なるので、説明に従ってください。


 

undefined

 


6. ホイルをはずすと、ジェルは表面がひび割れた状態になっています。

ウッドスティックやメタルプッシャーなどで優しく取り除きます。



もし、まだジェルが溶けずに地爪に付着している場合は、無理に剥がさず、再度手順2から繰り返します。