マニキュアよりもキレイが長持ちするジェルネイル


専用のライトに手を入れて硬化させます  

専用のライトに手を入れて硬化させます


ジェルネイルとは、ゲル状の樹脂をライトに照射して硬化させるネイルのこと。マニキュアよりも長持ちし、爪をつややかにキープできるところが人気の秘訣です。

ジェルネイルは爪の補強にも役立つため、二枚爪をはじめ爪の弱い人が自爪を伸ばす時にもオススメです。


ジェルネイルは、マニキュアとは行程や使用するアイテムが異なるため、以前はネイルサロンで施術する人が主流でした。 しかし、現在では、自宅用のジェルネイル道具も豊富になったこともあり、自分でセルフジェルネイルを楽しむ人も増えています。


 

ジェルネイルの種類について


ジェルネイルには大きく分けて2種類のタイプがあります。爪の状態や希望の仕上がりによって使い分けましょう。



■ソフトジェル(ソークオフジェル)

地爪の上にジェルでコーティングが主流のソークオフジェル

地爪の上にジェルでコーティングが主流のソフトジェル


現在、主流の新しいジェルネイルです。ソフトジェル人気の1番の理由は「リムーバーで簡単にオフできる」ところ! アセトン成分が含まれるリムーバーで、ジェルを溶かしてオフすることができます。

柔軟性があり爪への負担が少ないのが特徴です。爪に亀裂が入りやすい人、爪が弱い人にオススメです。




■ハードジェル


初めて誕生したジェルネイルはこちらのハードタイプになります。強度があり装着感が軽いということで親しまれています。リムーバーでは溶けないため、オフする時はファイルで削って落とします。



特徴である強度を活かして、長さを出すスカルプチュア(フォームで長さを作る手法)やオーバーレイ(ネイルチップで長さを出した上にジェルをかぶせる手法)に向いています。