問題練習

それでは、今回は前回取り上げた第1問対策として実際に仕訳の問題を練習してみましょう。

前回解説した頻出項目の「手形の取引」、「有価証券」、「当座預金」などの実践的な問題を掲載しておりますので、ここにある取引はしっかり仕訳ができるようになりましょう。

本試験でも第1問にはあまり時間を使うことはできませんので、スピーディーに処理をすることも意識して解答して下さい。

■問題
下記の取引について仕訳をしなさい。ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

------------------------------------------------
現金  当座預金  受取手形  売掛金  貸付金  前払金
仮受金  支払手形  買掛金  借入金  未払金  仕入
売上  減価償却費  支払利息  前払金  当座借越  売買目的有価証券
支払手数料  受取手数料 雑損  雑益  貸倒引当金
------------------------------------------------

1.先週仕入れた商品の買掛金50,000円と次回仕入れ分の手付金20,000円を現金で支払った。

2.商品を180,000円仕入れた際、かねてから受け取っていた約束手形を裏書譲渡した。

3.売買を目的として額面1,650,000円の有価証券を購入し、代金は購入手数料5,000円とともに小切手を出して支払った。なお、当座預金の残高は1,500,000円だが、借越限度額500,000円の当座借越契約を結んでいる。

4.現金の実際有高が帳簿残高よりも多かったため現金過不足勘定10,000円と処理していたが、そのうち8,000円は受取手数料の記入漏れであった。残額については不明であったため適当な勘定科目に振り替える。

5.商品32,000円を掛けで売り渡した取引を、借方、貸方とも誤って23,000円と記入してしまっていたので、正しい金額に修正した。