問題練習

今回は第5問対策です。
以前特徴を確認したように第5問は精算表の作成が中心となります。
精算表に記入される決算修正の仕訳を具体的な数字の設定を加えて確認してみましょう。

問題

下記事項について、必要な仕訳を行いなさい。

1. 試算表の現金借方残高  36,000円
現金の手元有高は34,800円であった。帳簿有高との不一致は原因不明である。

2. 試算表の売掛金借方残高  70,000円
試算表の貸倒引当金の貸方欄  1,200円
売掛金の期末残高に対して3%の貸倒引当金を設定する。なお、差額補充法によること。

3. 試算表の売買目的有価証券の借方残高  50,000円
売買目的有価証券を48,000円に評価替えする。

4. 試算表の繰越商品の借方残高  60,000円
試算表の仕入借方残高  250,000円
期末商品棚卸高は55,000円である。なお。売上原価は「仕入」の行で計算する。

5. 試算表の消耗品の借方残高  3,100円
消耗品の期末残高は1,000円であった。

6. 試算表の建物の借方残高350,000円
試算表の建物減価償却累計額  94,500円
建物について旧定額法により減価償却を行う。ただし、残存価額は取得価額の10%、耐用年数は30年である。

7. 受取利息の未収分が800円ある。