iPhone5と並べても違和感のないコンパクトサイズ

iPhone5と並べても違和感のないコンパクトサイズ

スマートフォンやタブレットの爆発的な普及に伴い、オーディオ装置として一大ジャンルとなりつつあるBluetoothスピーカー。

今では沢山の製品が市場に溢れ、どれを選んで良いのかお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、筆者鴻池の「心」に響いた、Jawbone(ジョウボーン)社の「MINI JAMBOX」(ミニ ジャムボックス)をご紹介します。


3つの「感動」ポイント

筆者鴻池は普段、製品の性能や機能を表現するのに「感動」と言う言葉は使わないようにしています。それは、「感動」とは、購入したユーザーの感性に委ねるべきであって、メーカーや製品を紹介する書き手が押しつける性質のモノではないと考えているためです。

ところが、「MINI JAMBOX」には、思わず”WOW!”と叫んでしまうほど、心を動かされる仕掛けがいくつもありました。ここでは、筆者が感動したポイント「ベスト3」を挙げましょう。


1)美しい外観
MINI JAMBOX カラーバリエーション

MINI JAMBOX カラーバリエーション

MINI JAMBOXは6色のカラーバリエーションがあります。ポイントは、各カラー毎にデザインも異なるという凝りようです。よって、カラーは単なる色の名前ではなく、デザインコンセプトと合わせて、シルバードット、レッドドット、パープルスノーフレーク、グラファイトファセット、ブルーダイアモンド、アクアスケール、と呼んでいるのもユニークです。

 

ブルーダイアモンドの裏面

ブルーダイアモンドの裏面 隠れた部分もしっかりデザイン

どのカラーもアルミの質感が映え、幾何学模様のような立体デザインも精密な仕上がりとの相乗効果で美しい! 一回り大きい「JAMBOX」も同様のデザインテイストですが、スリムなった「MINI JAMBOX」はより魅力的に感じます。ファッションアイテムやインテリアとしても「見せたい」と思う出来映えなのです。

 

2)生命を感じるギミック
電源オン・オフの際、本体が振動する「ギミック」が仕込まれています。スピーカーユニットの動きを利用したものですが、その振動のコントロールが絶妙で、機械なのに生き物のような親近感を覚えます。開発者の遊び心とこだわりに感激するばかり。

「MINI JAMBOX」を手にすると、あなたも誰かにこの「感激」を伝えたくなるはずです。

3)超立体サウンド

「MINI JAMBOX」は非常にコンパクトですが、「LiveAudio」機能を利用すると、ミニコンポと同等以上の広がりのあるサウンドが楽しめます。

私はiPhone 5と組み合わせて試聴しました。技術的にはバーチャルサラウンドの一種ですが、音質の劣化が感じられないのが美点です。さらに、音の広がりと定位が明瞭で、音に包み込まれ、また、音がやって来る方向や移動感も目に見えるような出来の良さには驚くばかりです。

一般的なBluetoothスピーカーのサラウンド機能は、内蔵しているICの機能で簡易的に実現されるケースが殆どです。しかし「LiveAudio」は、アプリ側(音楽を再生する機器側)の高度な演算処理を活用して、高いバーチャルサラウンド効果を達成しているのでしょう。

なお、「LiveAudio」を利用するには、アプリ「Jawbone」が動作する端末との組み合わせが前提で、また、購入した「MINI JAMBOX」をアップデートするためのパソコン(PC/Mac)も必要ですのでご注意を。


機能と操作感

基本となるBluetooth接続は、8台までの端末とのマルチペアリング機能および、2台までの端末を同時に接続状態にしておけるマルチポイント機能を備えるなど、複数の端末を常用しているユーザーにも快適な最新仕様です。

音楽の選択や再生および音量は、iPhoneの場合、標準の「ミュージック」アプリで操作できます。Bluetoothスピーカーを接続していると意識する必要はなく、機械が苦手な方も使いこなせるでしょう。
アプリ「Jawbone」の画面一例(iPhone5)

アプリ「JAWBONE」の画面一例(iPhone5)


「MINI JAMBOX」の「LiveAudio」をはじめとする機能を操作する場合は、無料アプリ「Jawbone」で可能です。同アプリには、ユニークなインターフェイスの音楽再生機能が備わっています。

本体に表示機能はありませんが、バッテリーの残量などを音声で知らせてくれる機能があり、不便は感じません。

音声はアップデートにより、日本語の他、各種言語、メジャーリーグの解説風(英語)など、楽しめるモノも数種類用意されています。ここでも遊び心が心に響きます。

 


音質・音響

音質だけなら、他社にも優れた製品がたくさんあり、「MINI JAMBOX」が飛び抜けて高音質とは言えませんが、価格に見合う品位を備えています。小型ゆえ、低音の迫力や量感は限定的ですが、中高域はクリアかつ華やかで、ボーカルや楽器の音色も鑑賞に値します。

何より、先述の「LiveAudio」機能による広がりのあるサウンドは、誰もが驚くことでしょう。立体効果が得られるスイートスポットはスピーカー正面で30cm~1.5m程度の距離範囲内と制約もありますが、デスクトップユースやパーソナルユースなら特に問題にはならないはずです。

効果は音源(音楽)によって異なりますが、通常のステレオ音源でも、「MINI JAMBOX」から数十センチ離れた所から音が聞こえるような面白い効果が得られました。


まとめ

音質だけなら、あるいは、デザインだけなら、他にも優れた製品はありますが、「MINI JAMBOX」は「LiveAudio」機能のように、ソフトウェアのアップデートで進化するのもポイントです。外観の美しさや使い勝手を含めたトータルのクオリティーが高く、所有する悦びや使う楽しさを感じられるのも、「MINI JAMBOX」の美点でしょう。

「MINI JAMBOX」は、みんなに見せたくなる、「感動」がいっぱい詰まった製品なのです。



■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。