p1

東京駅八重洲口に近い「東京シャトル」の乗り場


日本最大の国際空港であり、近年はジェットスター・ジャパン、バニラエア、Spring Japan、そしてpeachなどの「LCC」が次々と就航する、千葉県の成田国際空港。特に、LCCは早朝に出発して深夜に到着する便も少なくなく、都心からやや離れている成田空港への交通アクセスを考えると、利用を迷っている方もおられるのではないでしょうか。

今回、成田空港発着の、特にLCCを利用するのに便利な、早朝と深夜の交通アクセスを鉄道、バス、車などの利用方法ごとにまとめました。


LCCの出発、到着場所をまず知っておく


成田空港は第1、第2、そして、2015年4月にオープンした第3の3つのターミナルがあります。LCCの発着は、第3ターミナルが多いです。

まず、自分の利用する航空会社がどのターミナル、どの場所で出発前のチェックイン(搭乗手続き)を行うのか、また到着した際はどの出口を利用するのかを知っておきましょう。特に、国内LCCでは「Peach」のみ第1ターミナル利用です。

■ ジェットスター・ジャパン 
■ バニラエア 
■ Spring Japan 
■ Peach 

■ 成田国際空港 第3ターミナルWEBサイト 


成田空港までの主な「鉄道」利用手段

成田空港まで鉄道を利用する場合、第2ターミナルは「空港第2ビル駅」、第1ターミナルは「成田空港駅」が最寄りになります。

なお、第3ターミナルは、第2ターミナルから徒歩または無料のターミナル連絡バス(直行バス)で約10~15分かかります。

都心の主要駅から成田空港までの所要時間、運賃を比較してみました。

■ 日暮里~成田空港
・京成スカイライナー
最速36分/ICカード利用2,465円、乗車券利用2,470円

■ 日本橋~成田空港
・成田スカイアクセス線経由・アクセス特急
最短59分/ICカード利用1,318円、乗車券利用1,330円

■ 上野~成田空港

・京成本線経由・快速特急・特急
最短70分/ICカード利用1,025円、乗車券利用1,030円

■ 東京駅~成田空港
・成田エクスプレス
約59分/普通車3,020円、グリーン車4,560円

まず、京成電鉄の「スカイライナー」が、上野駅から最短41分、日暮里駅から最短36分(空港第2ビル駅の場合)。いずれも山手線で乗り継ぎでき、上野ではJR東北・上越新幹線と東京メトロ銀座線・日比谷線からも乗り継ぎが可能。全席指定で、在来線最速の時速160kmを誇ります。

同じ京成電鉄の「アクセス特急」は、特急料金が不要で、品川、新橋、日本橋、浅草、押上(スカイツリー前)などから直接アクセスできます。日本橋~成田空港は最短59分。京急線利用で、羽田空港に行くことも可能です。

JR東日本の「成田エクスプレス」 は、最も運賃が高いですが、東京、品川、渋谷、新宿、池袋、横浜、大宮などの主要駅と成田空港をダイレクトに結び、大変便利です。しかも、新型車両 E259系の快適な乗り心地と充実したサービスは好評。全席指定で、乗車券と指定席特急券は、インターネットやみどりの窓口、びゅうプラザ、指定席券売 機、主な旅行会社で申込・購入ができます。

■ 京成電鉄ホームページ 
■ スカイライナーホームページ 
■ JR東日本 
■ 成田エクスプレスホームページ