動物好きならアマゾンかパンタナル

イグアスの滝に比べるとハードルは高いものの、アマゾンのジャングルやパンタナル湿地帯も人気の自然遺産です。

世界最大の河川、アマゾン河の流域には、多種多様な生物が生息しています。ネグロ川とソリモエンス川の合流地点や、ピラニア釣り、ワニ、ピンクイルカといった動物が観察できるボートツアーが人気です。観光起点となるマナウスは、サンパウロから飛行機で4時間半の距離。時差はサンパウロに対して1時間マイナスです。

マット・グロッソ州とマット・グロッソ・ド・スル州にまたがるパンタナルは、総面積が日本の本州とほぼ同じという広大な湿地帯。毎年雨期になると地域の80%以上が水没し、地球上で最も水量が多い平原と化します。そのため、他に類を見ない多様な動植物の生息帯となっています。

カンポグランジを起点とする南パンタナールは観光地として整備されており、広大なファゼンダ見学を中心に、人なれした動物に比較的簡単に出合うことができるそうです。また「水の街」ボニートも人気の観光スポットです。

ワールドカップの日本戦が行われるクイアバを起点とする北パンタナールは、湿地帯を横切るパンタナール横断道路から、野生の動物の姿を見ることができるそうですよ。

サンパウロとカンポグランジ間は飛行機で2時間弱。サンパウロとクイアバ間は約2時間半。

よりエキゾチックな体験を求めるならバイーア

salvador

コロニアル建築の続くサルバドール旧市街

東北ブラジルバイーア州サルバドール(サルヴァドール)市にあるサルヴァドール・デ・バイーア歴史地区は、石畳に美しい建築物が並ぶ古都。アフリカ系ブラジル人が多いこともあり、独特の大衆文化が根付いています。最も活気溢れる文化都市とも評され、カポエイラ、マクレレ、アシェのような民俗芸能、スパイシーなバイーア料理も楽しめます。また、美しいビーチも人気です。
ご参考:サルバドール1日観光モデルプラン(ガイド記事)

サンパウロからサルヴァドールは飛行機で2時間半。ワールドカップ、日本戦が行われるレシフェからは、1時間強。ナタールからは、約1時間半です。

建築ファンならブラジリア

brasilia

ブラジリア カテドラル・メトロポリターナ教会(撮影:Miki Kobayashi)

近代都市として初めて文化遺産に登録されたのがブラジリア。1960年に完成した美しい建築物を有する「未来都市」は、屋外近代美術館の様だと評価されています。

サンパウロからブラジリアは飛行機で2時間弱。建築ファンなら是非訪れたいブラジルの首都です。

もちろんここで紹介した以外にも、魅力的な世界遺産がたくさんあります。その他の世界遺産は、駐日ブラジル大使館 ブラジル世界遺産パンフレット「世界遺産の旅」(PDF)やユネスコ世界遺産サイトのブラジルページ(英語)をご参考下さい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。