現代美術家のIさんは、実家に近いマンションにお住まいの時に、自由に制作に専念出来るアトリエを併設した家を建てようと考えていました。たまたまマンションの近くにこの土地を見つけ、以前から注目していた同年代の建築家である都留理子さんに設計を依頼しました。

ガルバリウム鋼板をまとった白い家


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 外壁はガルバリウム鋼板大波板を横張りにしている。塀は19cm角の花ブロック。
2. 玄関の上の張り出しは1.9m。雨除けを兼ねている。前庭には9cm角のピンコロ石を敷き詰めている。
3. 約7.5坪の前庭にはフェイジョアの樹が、周りのプランターにはハーブ類が植えられている。


近隣に大きな森が緑を残す羽根木は、世田谷区有数の成熟した住宅地。この一画にIさんの家は建っています。南面する向かい側は駐車場という絶好の立地。前面の道路から4mほどセットバックして前庭を設けています。そのお陰で3階建てでも圧迫感のない外観になっています。


◆建築データと建築家プロフィール