前回の記事では、ガイドの好きなコーヒーを例に、「身近なものから切手コレクションのテーマを見つけてみよう」というお話をしました。今回は、前回に引き続きコーヒーを例にとりながら、見つけたテーマの切手を賢く、スマートに探して入手する方法をご紹介します。

画像検索してみよう

まずは「コーヒー」というテーマに関してどんな切手が存在するのか、大雑把に見渡してみましょう。ざっくりと調べるには、やはりインターネットの検索が役立ちます。ここで便利なのは、GoogleYahooの画像検索です。
コーヒー切手検索結果

Googleの画像検索にて「コーヒー、切手」で画像検索した結果画面

「コーヒー,切手」といったキーワードで検索してもよいですし、英語で「coffee, stamp」などと検索しても違った結果が出てきます。気になる切手のデザインを見つけて調べていくと、ぜひ欲しい!もっと知りたい!という気持ちが湧いてくると思います。
ブラジルのコーヒー切手

検索結果で見つけたコーヒー切手の(ブラジル2001年・参考価150円)

テーマの広がりを考えよう

さらにコレクションの深みを増すために、「コーヒー」そのものだけでなく、コーヒーに関連するキーワードまで探す幅を広げてみましょう。まずはコーヒーから連想されることを思いつくままに、紙に書き出してみます。そして少しあやふやなところは、本やネットなどで確認しておきます。
コーヒーの関連性

コーヒーに関連して筆者が10分ほどで作成したメモ書き

この作業を念入りにやっておくと、コーヒー関連の切手を見つけた時に入手すべきかどうかの判断がつきやすくなりますし、今までのコーヒーの知識の整理にもなります。ここでは、参考までにUCC上島珈琲株式会社のサイトを参照しました。

こうして連想したキーワード+切手で画像検索をかけると、また一味違った魅力的な切手が見つかることがあります。ここでは、「coffee,export(輸出),stamp」で検索をかけてみました。すると、新たにキューバの輸出品としてのコーヒーを描いた切手が見つかりました。
コーヒー、輸出の検索結果

キューバの輸出品目としてのコーヒーを描いた切手(1982年・参考価格30円)

ラム酒やタバコなどのキューバの輸出品を描いたシリーズのうちの1枚で、とても良い雰囲気です。

それでは、次のページでいよいよ買ってみましょう。