外国人から見た日本人・・・ちょっとショックな映画かも?


『ロスト・イン・トランスレーション』(2003年度作品)

 CM撮影のために来日したハリウッドスター(ビル・マーレイ)と同時期に来日した映画監督の若妻(スカーレット・ヨハンソン)が、滞在しているホテルで知り合い、孤独を癒し、気持ちを分かち合うようになる物語。

旅先での恋物語はありがちですが、舞台が東京で、来日した人気スターと気鋭の監督の妻という設定が物珍しく、東京がコッポラ監督のフィルターを通してどう映し出されたか、という興味も手伝って話題になった映画です。

正直言って最初は「ちょっと日本人をバカにしてないか?」と思ったりしましたね。英語が通じない国、曖昧な態度の人々、愛想笑いにイライラするハリウッドスターと若妻。でも彼のイライラはそのまま外国人が見る日本人の嫌なところなのかもしれないと思ったりして。ある意味正直な映画でもあるのです。

ソフィア自身が元スパイク・ジョーンズ監督夫人でしたから、そのときの体験が影響を与えているのかもしれません。日本人の描写はちょっと不愉快だったけど、スターと若妻が異国の地で孤独を共有しながら親交を深めていく様子は、何気に共感しつつ感動したりして。アカデミー賞最優秀脚本賞受賞作です。

監督: ソフィア・コッポラ
出演: ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、ジョヴァンニ・リビシ、アンナ・ファリス、マシュー南、田所豊、林文浩、竹下明子、HIROMIX、藤原ヒロシ、桃生亜希子ほか

※次のページはあのマリー・アントワネットを描いた物語。