グアムのエリアガイド

ホテル群がビーチを縁取る、グアムの中心地、タモン

ホテル群がビーチを縁取る、グアムの中心地、タモン

日本から南東へ約2500km、東に太平洋、西にフィリピン海が広がる南の島、グアム。島の長さは約48km、幅約7~13kmと細長く、サイズは淡路島とほぼ同じ550平方キロメートル。というと、小さな島と感じられるかもしれませんが、これでもミクロネシア最大の島なんです。

滞在の拠点となるのは、島の中央部のタモンやハガニア周辺。日本からは2泊3日などのショートステイで訪れる人が多いグアムですから、このメインエリアから出ることなく過ごすツーリストも多いことでしょう。

けれど、それはグアムのごく一部。北部は比較的平坦な地形で米軍基地があり、南部は最高峰のラムラム山(標高406m)を筆頭に山がちな地形で、ジャングルに覆われています。聞くところによると、島の北部と南部とでは、島民の言葉も植生も異なるそう。小さい島と思われがちですが、想像以上に多様性に富んだ島なのです。 この記事では、そんなグアムを中央部、南部、北部に分けてエリアごとの見どころをご紹介していきます!