この秋~冬シーズンにカーナビの新製品を発売したメーカーは、ほかにアルパイン、ケンウッド、三菱(ダイヤトーン)の3社だ。

アルパイン ビックXは室内へのフィット感が○

アルパインは好評の車種専用・大画面路線。この秋、新たに発売したのはホンダN BOX、ホンダ・フリード、トヨタ・プリウスG's、トヨタ・プリウス・マイコーデ、プリウスPHVの専用モデルだ。この中でN BOX専用モデルのみが8型画面を採用。ほかの4車種専用機は9型大画面を搭載している。
01

ホンダN BOXに8型大画面ナビを装着できる

これらビッグXプレミアム・シリーズは、画面の大きさに加えて、純正インテリアへのフィット感が魅力だ。市販カーナビを装着すると、どうしても後付け感が拭えず、それを嫌う人もいるかと思うが、ビッグXプレミアムなら、それがない。ナビ周囲のパネルやキーまで車種ごとに専用でデザインしており、インテリアにしっくりととけ込む。それだけではなく、例えばプリウス用なら画面の左右両側にシルバーのラインを配するなど、純正とはひと味違う自己主張もあるし、オープニング画面も専用だ。
02

プリウスG'sは9型大画面。フィット感良し


子育て家族にうれしい機能が満載

さらに、クルマのサイズにあった駐車場を探すための車両情報をあらかじめインプットしてあったり、車種ごとに音響設定をチューニング済みだったり、地デジの受信感度を高めるようにアンテナ位置までチューニングしてあるきめ細かさ。わずらわしい初期設定無しに、大画面ナビを導入できる。

03

スマホアプリで検索した地点を転送できる

ナビ機能は子育て家族を重視した設計だ。アルパインでは「家族のおでかけ検索」という、スマートフォン・アプリをリリースしており、このビッグXプレミアム・シリーズも対応。スマホで検索した地点を、簡単な操作でカーナビに転送して目的地に設定できる。情報も子供を中心に家族で楽しめるスポットが充実している。またダブルゾーン機能は、オプションのリアビジョンをシステムアップした時、リアだけでDVDが楽しめる機能。音もリアだけがDVDで、運転席ではラジオやiPodなど他の音源に設定できるから、小さい子供をリアシートに座らせてドライブに出かけるときに、ものすごく役立つ機能だ。

大画面が欲しい人、市販カーナビの後付け感が気になる人、小さいお子さんをお持ちの家族にはピッタリのカーナビだ。