パーマの種類を解説!デジパ・コスメパーマ・水パーマとは?

パーマをかけるにあたって、まず知っておきたいのはどんな種類のパーマがあって、自分の髪質、なりたいイメージを叶えてくれるのは何パーマなのか?ということ。「水パーマ」「コスメパーマ」「デジタルパーマ」などなどよく耳にしますが、その違いとは……!? パーマの特徴、違い、メリット・デメリットなどをわかりやすくご説明します。
失敗しないためにパーマの特徴と違いをチェック

失敗しないためにもパーマの特徴と違いをチェック


意外と知らない!? 2種類のパーマとかけ方の違い

まず、これらを大きく分けると、熱をつかって髪にカールを形状記憶させる『ホット系』と、そうではない従来の『コールド系』の2種類があります。

パーマの呼び方は各サロン単位で様々ですが『ホット系』=デジタルパーマなどと呼ばれるものが多く、『コールド系』=コスメパーマ、水パーマなどと呼ばれるものが多いです。

1. 『ホット系』(=デジタルパーマなど)のメリット・デメリット

ニュアンスワンカール

ニュアンスワンカール

『ホット系』でかけるパーマのメリットとして、
・コテで巻いたような質感のカール感を再現しやすい
・髪が細くてパーマがかかりにくい方でもカールをだしやすい
・ワックスやムースなど髪にスタイリング剤をたくさんつけたくない方でもスタイリングがしやすい
・従来のパーマと比べてカールの保ちが良い
などが挙げられます。


 
ストレート+デジタルパーマ

ストレート+デジタルパーマ

また髪質でいうとクセ毛でお悩みの方にもオススメ。縮毛矯正は髪のクセをのばしてストレートにする施術ですが、これもストレートアイロンの熱をつかってかけていくパーマの一種。ですので根元のクセはストレートアイロンでボリュームをおさえ、クセをのばしつつ毛先はデジタルパーマで自然なワンカールを施すこともできます。

『ホット系』のデメリットですが
・熱をつかってかけるため髪が乾燥しやすいこと
・髪にカールをつけるロッド自体が発熱するものが多いのでショート、ベリーショートなどヘアスタイルによってはかけられない場合もある
ということが挙げられます。

 

2. 『コールド系』(=コスメパーマ、水パーマなど)のメリット・デメリット

束感ピンパーマ

束感ピンパーマ

『コールド系』のメリットは
・熱をつかわない分、髪の乾燥ダメージが軽減されること
・柔らかいニュアンスがだしやすい
・ピンをつかってかけるピンパーマで束感をだせること
などが挙げられます。

デメリットとしては
・『ホット系』とくらべるとカールの保ちが良くないこと
・ワックスやムースなどのスタイリング剤が必須になること
などが挙げられます。

髪質、なりたいイメージ別にパーマを選んで!

パーマの種類は様々ですが、「なりたいヘアスタイル」×「髪質」×「普段のお手入れ方法」、これらを考慮したうえでどのようなパーマにしていくかが大事です。

担当の美容師さんとしっかり相談し、ダメージが少なく長くスタイリングを楽しめるパーマスタイルにチャレンジしてみませんか?

悩める前髪パーマのおすすめは?

パーマをけてみようかな、と思っていても、前髪パーマに抵抗があったり、スタイリングに自信がないという方もいらっしゃるかと思います。
「髪の悩み別!前髪のパーマヘアスタイル5選」では、ぺたんこ前髪や、くせ毛、ぱっつん前髪など髪質、髪型ごとにおすすめのパーマをご紹介しています。なりたい理想の髪型に近づくためにも参考にしてみてはいかがでしょう。

Hair&Make:添田 晃正
Photo:添田 晃正
サロン情報:www.alice.saloon.jp/gallery.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。