別荘を使っていない時に有効活用したいというニーズ


熱海林が丘外観

「ヴィラ熱海林が丘」のエントランスへのアプローチ。大きなフェニックスがシンボル

東京に近く風光明媚、さらに天然温泉に恵まれ湯治場として観光客に人気の熱海。明治、大正時代から政財界の要人や著名な文士たちが保養に訪れたことから、別荘地としての歴史も古く、いまも純和風住宅の別荘が数多く残っています。

なかなか都内ではみられない塗り壁の塀に格子戸の門、手入れされた生垣に覆われた本格数寄屋造りの家は、まるで旅館や料亭と見間違える風情。贅をつくした和の佇まいには、日本人ならずとも外国人も強烈に魅かれるものがあるのではないでしょうか。

そして、こういった築年数を経た建物が時折、売りに出されることがあります。購入されたオーナーのなかには、「使っていない時に有効活用できれば、なおいいね」と考えられる方もいるようです。
そんなニーズに応えて「バケーションレンタル」を開始したのが熱海・湯河原エリアで別荘建設のプロデュースや別荘売買、別荘管理サービスなどを手掛けるオオクスライフアシストです。

別荘管理のノウハウを生かし、貸別荘として今年からスタート

熱海林が丘ダイニング

中庭に面したダイニングキッチン。アイランドタイプで床は南欧風のテラコッタタイル

中庭

コの字型に配置された建物の真ん中には中庭があり、子どもが遊べる水場もある

今回、すでにバケーションレンタルを開始している「ヴィラ熱海林が丘」と2013年12月から開始予定の湯河原の2つの施設を見学しました。「ヴィラ熱海林が丘」は熱海の別荘地のなかでもブランド的な林が丘に誕生した大きな施設。樹齢何十年なのだろうと思う大きなフェニックスがエントランスまわりにそよぐ南国風のロケーションです。
シアタールーム

団らんの場にあるシアタールーム。バーチャルゴルフ用にゴルフクラブも用意されている

2ベッドルームと和室で最大14名まで宿泊できるもの。キッチンには調理道具や冷蔵庫が備わっており、別荘として利用できます。広い敷地の一角には子ども用の遊具が置かれた広場もあり、中庭には水遊びができる小さい水場もあります。くつろぎのリビングには大型スクリーンがあり、バーチャルゴルフも楽しめます。もちろん温泉は、庭を望む大きな浴槽で家族全員で入れるサイズです。小さいお子様のいる何家族かのグループ利用なら、本当にのびのびできそうです。この施設、もともとは保養所だったものを全面建て替え。オーナーは自己使用でなく、最初からレンタルにする目的で建てられたそうです。企業などの宴会場としても使われることもあるそうです。
熱海の温泉

家族全員で入れる浴室。熱海ならではの天然温泉を庭の景色を見ながら楽しめる