ジェラート店で注文する

ジェラート屋さんに入りました。さっそく注文してみましょう。まずは基本の表現を覚えます。

【基本フレーズ】

「私には、コーンにチョコレート味といちご味をお願いします」
Per me un cono, cioccolato e fragola, per favore.

ペル・メ・ウン・コーノ、チョッコラート・エ・フラーゴラ、ペル・ファヴォーレ

*per me…私には  un cono…コーン1つ  cioccolato…チョコレート
e…そして  fragola…いちご  per favore…お願いします、ください

コーンなどのサイズにもよりますが、ふつう、2~3種類のジェラートを盛ってもらうことができます。基本フレーズのフレーバーを置き換えれば、好きな盛り合わせが注文できます。


フレーバーの言い方

では次に、イタリアのジェラート屋さんでよく見かけるフレーバー(gusto グスト)を紹介します。

【フルーツ系】

いちご fragola フラーゴラ 
レモン limone リモーネ 
メロン melone メローネ 
もも  pesca ペスカ

【ナッツ系】
ヘーゼルナッツ nocciola ノッチョーラ 
ココナッツ   cocco コッコ 
ピスタチオ   pistacchio ピスタッキヨ 
コーヒー    caffè カッフェ 

【バニラ、チョコなど】
チョコレート cioccolato チョッコラート 
バニラ    vaniglia ヴァニッリャ 
クリーム   crema クレーマ 
ヨーグルト  yogurt  ヨーグルトゥ 

このなかから2つ、「レモン」と「もも」を選ぶ場合は、基本フレーズをもとにして、

「私には、コーンにレモン味ともも味をお願いします」
Per me un cono, limone e pesca, per favore.


と言えばOKです。

3つ選んで、たとえば「ココナッツ、メロン、チョコレート」を頼む場合は、

Per me un cono, cocco melone e cioccolato, per favore.


と言ってください。

gelateria

ショーケースを見ていると、どれにするか目移りします・・・・・・

イタリアのジェラート屋のフレーバーでおすすめなのが、日本ではなかなか見かけないピスタチオやヘーゼルナッツといったナッツ系です。この2つは基本のフレーバーで、だいたいどこのお店にもありますので、食べ比べてみるのも楽しいです。








次のページでは、コーンや紙カップのサイズの言い方をご説明します。