ドイツは鉄道旅行が楽しい!

ドイツ国内や近隣諸国への電車が発着する中央駅。上はフランクフルト中央駅

ドイツ国内や近隣諸国への電車が発着する中央駅。上はフランクフルト中央駅

ドイツ旅行中にほぼ毎日見かけることになる赤い「DB」のロゴ。これはドイチェ・バーンことドイツ鉄道のマークです。ドイツ鉄道の鉄道網はドイツ全土を縦横無尽にカバーしているので、見どころが各地に点在しているドイツを旅するには頼りになります。

とはいえ、勝手の異なる外国で、鉄道を使いこなすまでには戸惑うことも多いはず。予備知識が少しあるとドイツの電車の旅をよりスムーズに始められると思います。今回は、鉄道の旅に欠かせない、乗車券の購入から電車に乗るまでの大まかなプロセスをたどってみましょう。

さあ、あなたは今まさにドイツの駅に降り立ったところ。これからドイツを鉄道で巡る旅の始まりです!

ドイツ鉄道の乗車券購入

主要駅には必ずあるライゼツェントルム

ドイツの主要駅には必ずあるライゼツェントルム

左はドイツ鉄道、右はローカル線(フランクフルトエリア)の券売機

左はドイツ鉄道、右はローカル線(フランクフルトエリア)の券売機

先ずは乗車券の買い方から。ドイツの鉄道駅で乗車券を購入する方法は、窓口と自動券売機の二つ。主要駅の窓口は行列ができていることもあり、待ち時間がかかる場合もありますが、外国語に自信がない、乗換えなどの詳しい情報が欲しい場合などに重宝します。外国語に抵抗がないなら、自動券売機もスピーディで便利ですよ。

■ライゼツェントルム
ドイツ鉄道の主要駅には、「ライゼツェントルム(Reisezentrum)」と呼ばれるインフォメーションカウンターがあります。訳して旅行センターという意味で、JRみどりの窓口のドイツ版。行き先と乗車日時を告げれば、時刻表や乗り換え案内、運賃や割引などの情報収集、乗車券の購入、座席予約までオールインワンで完了。英語もよく通じますよ。

ライゼツェントルムでは無料の区間別時刻表や、格安チケットやサービス案内などのパンフレットも充実しています。駅によっては旅行会社のカウンターも隣接していて、ホテルやレンタカーの予約もできます。

 

■自動券売機
駅には二種類の自動券売機があります。ひとつは市内交通や近郊へのローカル線の券売機。ローカル線の乗車券は電車、地下鉄、バスすべての公共交通機関に共通です。もうひとつの券売機は、DBのロゴの入ったタッチパネル式の赤いタイプ。長距離電車の乗車券を買うならこちらです。

長距離電車の自動券売機は使い慣れるととっても便利。ドイツ全国の鉄道駅間の時刻表とアクセスを検索・印刷でき、通常の電車や座席の予約はもちろん、割引対象の路線は格安乗車券も自動表示され、購入可能です。言葉はドイツ語、英語のほかヨーロッパ主要言語に対応。現金払いはできないので、クレジットカードのご用意を!