神々が住む島! バリの観光って?

クヘン寺院

クヘン寺院のオダラン

「神々が住む島」。バリのその云われにはヒンズー教が深く関わっていると思いますが、お寺や建築物には独特の宗教色が反映されていて、エキゾチックな佇まいが感じられます。景色の美しさだけではない、取り巻く荘厳な雰囲気を醸し出す何か、が存在しているのです。

バリ島独特の芸能鑑賞はハズせない

ケチャック・ダンス

クシマンのケチャック・ダンス

バリ島観光の見所の一つである芸能。独特の衣装と音楽、演出はバリ島ならではの特色があり、他国の観光地にはないイベントを堪能できます。朝から始まるバロン・ダンス、妖艶な女性が舞うレゴン・ダンス、上半身裸の男性が円陣を組んで、アカペラで合唱するケチャック・ダンスなど、芸能だけをとっても、短い日程ではなかなか一回の旅行ですべてを観賞するのは、よっぽど上手にスケジュールを組まないと無理だと思います。

 

夕日の名所も多数有り

サンセット

タナロット寺院の夕日

夕日の名所はいくつかの絶景があげられ、夕日は一日に一回だから、全部を見尽くすには数日を要することになります。ビーチ沿いのレストランからディナーを楽しみながらの夕日、ケチャックダンスを観賞しながら背景に夕日が沈むウルワトゥ寺院の夕日、壮大な景色のタナロット寺院の夕日、サーファー達がシルエットになりつつ、日が沈むチャングービーチの夕日、シーフード・バーベキューを堪能しながら日没を待つジンバランビーチの夕日。断崖絶壁に建てられたアヤナ・リゾート内のロックバーからおしゃれな夕日……、思いつくだけ書いてみましたが、まだまだ足りない! プロポーズを決めるのに最適な夕日ポイントなんて云うのもリストにあげられます。

 


ヒンズー教の寺院めぐり

バトゥアン寺院

バトゥアン寺院

バリ島の人々が信仰するヒンズー教のお寺で一番の規模を誇るのはブサキ寺院ですが、ここは距離があるので、半日は見ておかないと、訪れるのは難しいです。

お寺好きなら、北部の由緒あるお寺まで足を伸ばしても良いかもしれません。なにしろバリ島では一つの村に最低3つの大きなお寺が有り、それ以外にも数えきれないほど存在するので、お寺をまわるポイントは、とにかく効率よく!ということ。

それほど寺院には興味がないけどせっかくだから見ておきたい……なんて場合は、観光途中に立ち寄ることが出来るマス村の手前にバトゥアン寺院というところもあります。入り口でサロン(腰巻き)を身につけて、観光客であっても境内を一周出来るお寺です。普段はヒンズー教の寺院は祭り事がなければ無人でひっそりとしています。お寺内で記念撮影をすることも可能なので、旅の記念に一枚いかがでしょうか?