誤登録はなぜ問題? あなたの生活におよぶ影響

これらの誤登録は、私たちの生活にどのような影響を与えるのでしょうか?
あまりなじみのない「信用情報」ですが、実は、カードやローンの審査に必ずと言っていいほど使われています。

審査の基準は会社によって異なりますが、過去の支払履歴は、最も重視されるポイントの一つです。それを見れば、支払い能力があるかどうかや、計画性や誠実さを、ある程度は推測できるからです。

ソフトバンクの事例では、きちんと支払っているにも関わらず「未入金」と登録されていました。それを理由にネガティブな判断を下され、審査に落ちたり金利が高くなってしまったりした可能性は、十分に考えられます。

自分の身は自分で守るしかない?

信用情報は、今までの金融サービスの利用記録ですので、ご自身でそれを確認する権利があります。

日本には現在3つの信用情報機関が存在しますが、いずれも、所定の手続きを行うことで自分の信用情報を手に入れることが出来ます。

ソフトバンクのケースは、顧客からの問い合わせによって、発覚したそうです。つまり、顧客自身が気付いて問い合わせを行っていなければ、今でも間違った情報が放置されていた可能性があります。

信用情報は、私たちの生活に深く関わっています。今回の事件で明らかになったように、登録の間違いがないとも言い切れません。自分の健康状態や家計に気を払うように、自分の信用情報についても、自分でチェックし確認するという意識を身につけるべきなのかもしれません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。