スノーレジャーというとスキーやスノーボードのイメージが強く、未経験のパパやママは敬遠しがちでは?
かまくら(夜)

夜間の明かりが灯された幻想的な雰囲気も豪雪地帯ならではの景色

雪遊び

豪雪地帯だから雪はたっぷり!全身で遊んじゃおう!

最近はスキー場にも滑らずに楽しめるアクティビティが増えていますが、雪国の楽しいスポットやイベントは他にもいろいろあるんです!

というわけで、今回は信州いいやま(長野県)をご紹介します。

 

ワクワクの「かまくら」体験!

かまくら(ファミリー)

かまくらの中は、どんな感じかな?

雪国ならではの贅沢な遊びと言えば「かまくら」。
絵本で見るような雪で作られた、まるで秘密基地みたいな空間は、子供でなくてもワクワクしそう!

かまくら

大小さまざまなかまくらが登場!

積雪が豊富な信濃平エリアでは、1月下旬から2月下旬までの約1ヶ月(平成27年は1月31日~3月1日)、大人が10人も入れる巨大なものから小さなものまで、大小さまざまな約20基のかまくらが登場します。

 

のろし鍋

地元の食材、豚肉・きのこ・野菜をふんだんに使った味噌仕立ての美味しい「のろし鍋」

かまくら遊びのなかでも特に体験してみたいのが、かまくら内での食事!期間中(予約制:金・土・日・祝日営業)には「レストランかまくら村」が登場し、午前11時から午後8時まで、かまくらの中で七輪を使った食事を楽しむことができます。鍋を中心にメニューもいくつかそろっていますが、食材の持ち込みもOKなんですよ。

かまくらで遊ぼう
レストランかまくら村

 

スノーシューで雪山の自然を知ろう!

スノーシュー

スキーで滑ったら見逃しちゃうような周りの景色や植物、動物についてもゆっくり観察しながら進もう!

子連れファミリーが楽しめる豪雪地帯ならではのアクティビティとして、スノーシューも体験してみては?夏場では歩けないような森の中や、厳冬期にはなんと湖の上も歩くことができるんです。

初心者や登りが苦手な方には下りだけの「ダウンヒルツアー」もあります。月明かりの中を歩くナイトツアーも幻想的。

小さなお子さんが参加される場合には事前にご相談を。ちなみに我が家の娘は5才の頃にスノーシューを経験していますが、案外子供の方が身軽なためかふわふわの雪の上を上手に歩いていました。

なべくら高原・森の家
まだらお高原山の家スノーシューツアー

 

雪遊びの翌日は、ワカサギ釣りへ

ワカサギ釣り

子供でも安全に楽しめます。大人も真剣になっちゃいそう!

泊まりでお出かけするから、雪遊び以外にももっと冬のレジャーが楽しみたい!というファミリーなら、近くの野尻湖まで足をのばしてワカサギ釣りがオススメ!

手ぶらで行っても道具のレンタル(有料)があるので初心者でも安心です。寒い季節とはいっても湖上のドーム船なら船内はあたたかくトイレも完備。釣りたてのワカサギを船内や陸に戻ってから天ぷらにしてもらえる船店もあります。

野尻湖漁業協同組合

【関連記事】
スキー場じゃなくても雪遊びできる公園・遊園地
便利で楽チン!今どきのキッズゲレンデ事情
バラエティ豊か、親子で楽しめるキッズパーク
関東近郊の子連れスキーにおすすめのホテル
子連れスキーにおすすめの北海道スノーリゾート
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。