海の幸を堪能、フィッシュタベルナ

nick1

オリーブオイルとレモン果汁の中に浮かぶ新鮮なウニ

ギリシャは魚介類が美味しい国。海辺の観光地や、エーゲ海、イオニア海に浮かぶ島々のリゾートでは、店先に新鮮な魚介類を並べたフィッシュタベルナが軒を連ねます。フィッシュタベルナはギリシャ語ではプサロタヴェルナ(ギリシャ語表記でΨΑΡΟΤΑΒΕΡΝΑ、英語でFISHTAVERNAと書いてあることも)といい、店先に表示されています。一般的なタベルナ(レストランよりカジュアルな食堂的空間)でも、魚介類を使った定番の前菜やメイン料理を備えているところがありますが、特に新鮮な魚介類をたっぷり堪能したい場合は、シーフード専門のフィッシュタベルナに行くことをおすすめします。青く澄んだ海を眺めながら、キリッと冷えたギリシャの白ワインとともにいただく海の幸は格別の美味しさです。

都市部、リゾート、どこでも地元の人で賑わっているようなフィッシュタベルナは、はずれがなく美味しいでしょう。観光客の多い界隈なら英語メニューが大半の店に用意されています。店の人も観光客と見れば、英語を話してくれます。

nick17

アサリに似た貝、キドニァ。レモンを絞って生で食すのも美味しい

レベルの高いフィッシュタベルナなら、ウニや生の貝もおすすめ。ウニはギリシャ語でアヒノスと言い、サラダではないのですが、メニューには前菜的な扱いでたいていアヒノサラタと書いてあります。トップの画像のように、レモン果汁とオリーブオイルの中に贅沢に身がぎっしりと浮かべられて運ばれます。スプーンですくってそのまま食べても美味しいですが、パンにつけて食べてもいけます。アサリに似たキドニァという貝も美味しいので、レモンを絞って生で食すのもおすすめ。

カラマラキァ(カラマラキァ・ティガニタ)と呼ばれる小ぶりのイカの唐揚げは、新鮮なイカがサクッとした衣に包まれており、やはりレモンをたっぷり絞っていただきます。これは日本人の口にとても合うと思います。プリプリのエビの唐揚げ(ティガニテス・ガリデス)も美味しいです。大ぶりのイカやエビのグリルもおすすめです。

炭火でタコをグリルしたフタポディ・プシトも定番です。タコをハーブとオリーブオイル、レモン果汁に漬け込んだマリネも旨味が凝縮されていて、白ワインのお供にぴったりです。

オフシーズンは魚介類が最も美味しくなる時期

ar14

ウニの濃厚な味が楽しめるパスタ

冬季のオフシーズン、島などのリゾート地はタベルナ、レストラン、土産物店などの商業施設の大半がクローズしてしまうところもありますが、いつも地元の人で溢れている店などはオープンしています。アテネなど都市部のフィッシュタベルナはほぼ年間を通して営業しています。オフシーズンは魚介類が最も美味しくなる時期でもあります。

ウニのパスタは、オリーブオイルとマイダノというハーブでシンプルに調理したパスタに新鮮なウニがたっぷりのっていて、濃厚なウニの味が楽しめます。全てのフィッシュタベルナにあるわけではありませんが、最近はアテネのちょっと気の利いたフィッシュタベルナやレストランならメニューにありますし、島のリゾートでも評判の高いところなら、けっこう見かけることがあります。ウニのパスタはギリシャ語でアヒノマカロナーダといいます。

タイ(チプラ)等、魚のグリルもおすすめです。やはりレモン果汁とオリーブオイルをかけて食します。大きな魚だと少々、値がはりますが、その日の仕入れや人数によって、おすすめの魚を教えてくれます。

pa1

サクッと揚げられたガヴロスのフライ。ふっくらした身が美味しい

人数が少なければ、赤ヒメジ(バルブニァ)等の小~中サイズの魚のグリルやフライも、旨味たっぷりで美味しいです。3月から9月頃までは、イワシ(サルデラ)やカタクチイワシ(ガヴロス)がシーズンで、グリルしたものやサクサクの揚げたてのものなど、ふっくらした身がとても美味しいです。

寒い時期なら、野菜と一緒に魚の身を煮たフィッシュスープ(プサロスパ)は、滋味溢れる味わいで体が温まるのでおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。