大人のあそびが楽しめる新撮影モード


銀塩カメラが備えていた「バルブモード」と「二重露光モード」も本機には新搭載されています。「バルブモード」とはシャッターボタンを押している間はシャッターが開いたままになる機能で、長時間露光に使われていました。このモードは最長10秒までのシャッターを開いたままにできます。具体的にはライトの光跡で文字や記号描いたりできるようになりました。「二重露光モード」は1枚のフィルムに2回分の画像を重ねられる機能です。画像を重ねることでアーティスティックな効果が得られます。

 

説明画像

クラシックなデザインは女性にも好評だった。しかし、チェキとしては高価すぎて買えないという意見もあった
 

説明画像

バルブモードを使うと光の軌跡や月などの暗い被写体も撮影できる。撮影時は三脚を使おう
 

説明画像

二重露光モードを使えば、2つの異なる画像を1枚に重ねられる。新たな発想でトライしてみよう

【関連サイト】
富士フイルム『チェキ instax mini 90 NEO CLASSIC』





■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。