iPad用キーボードケース(ノーブランド)

iPad用キーボードケース(ノーブランド)の表面

iPad用キーボードケース(ノーブランド)の表面

  • 機能とデザイン
これは、Logicool Ultrathin Keyboard Coverと似た使い心地ですが、マグネットではなく、キーボードの端にある爪でiPadと固定します。また、スマートカバーのようなスリープ機能もなく作りはシンプルなです。

キーボードの溝にiPadを入れて使うのも、Logicoolのキーボードと同じですが、マグネットで固定されるワケではないので、テーブルなど安定した場所で使うことになります。

iPad用キーボードケース(ノーブランド)のiPadを差し込む溝

iPad用キーボードケース(ノーブランド)のiPadを差し込む溝


このキーボードの外皮は、アルミで出来ておりiPadとのマッチングは良好です。また、ノーブランドなので、メーカーのロゴがなくすっきりとしています。

iPad用キーボードケース(ノーブランド)の裏面

iPad用キーボードケース(ノーブランド)の裏面

  • キータッチ
キータッチは、柔らかくクリック感がありません。こうしたタッチが好みであれば、気にならないかもしれませんが、筆者は、使っていてストレスのたまるキーボードです。

iPadとiPad用キーボードケース(ノーブランド)

iPadとiPad用キーボードケース(ノーブランド)

  • 重さ
重さは310gです。iPadと合計すると972gとなり、取り上げた製品の中では最軽量です。MacBook Air 11インチと比較しても、108g軽いことになります。

オススメはキーボードはどれ?

一番バランスが良いのは、『Logicool Ultrathin Keyboard Cover』です。価格も、6000円前後で買いやすく、ディスプレイカバーとしても使えるので、多くの人が買って満足するはずです。

まず、はじめてみたいという場合は、『iPad用キーボードケース(ノーブランド)』の選択肢もありますが、筆者のように、キータッチに不満を感じるかもしれません。

最後に、Incase Origami Workstation for iPadです。Apple Wireless Keyboardが余っていて、外出先でもフルサイズのキーボードを使いたいといった理由があればオススメしますが、荷物が増えてしまうので、使う人を選ぶはずです。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。