海外版SIMフリーiPad miniが人気な理由

タブレット端末として人気の高いのはアップル製のiPadシリーズです。その中でも、7.9インチディスプレイを搭載したiPad miniは、使いやすいサイズになっているため、新規ユーザーだけでなく、従来のiPadユーザーにも人気になっています。さらに、第二世代機として、Retinaディスプレイを搭載した機種がリリースされ、大幅に解像度も上がりました。

iPad miniは、Wi-Fi版とWi-Fi+Cellular版が発売されており、Wi-Fi+Cellular版は、ソフトバンクとauから発売されています。ドコモ版の発売は未定です(2014年2月15日現在)。このiPad miniのWi-Fi+Cellular版の海外で発売されているSIMフリーモデルが人気になっています。その秘密を紹介します。

iPad mini Retinaディスプレイモデル SIMフリー版

iPad mini Retinaディスプレイモデル SIMフリー版



技適マークを搭載

日本国内で、携帯ネットワークを使った端末を利用する場合、総務省の特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(通称、技適マーク)が必要となります。海外モデルは、この技適マークを取得していないことが多く、国内で通信が利用できません。

iPhoneを例にとると、アップル製品のiPhoneシリーズは、海外版SIMフリーiPhone 4/4s/5では、技適マークが搭載されていましたが、海外版SIMフリーiPhone 5s/5cで技適マークが搭載されていませんでした。海外版SIMフリーiPhone 5s/5cを日本国内では利用が難しい状況になっています(なお、日本のアップルストアにて、SIMフリーiPhone 5s/5cの発売が開始され、この端末には技適マークが搭載されています)。

一方、海外版SIMフリーiPad miniには、技適マークが搭載されています。海外で購入、または、輸入したSIMフリーiPad miniの日本国内の利用が可能になります。

技適マークを搭載

技適マークを搭載


次ページ:MVNOサービスで月額運用費を抑える