一人の寂しさもあれば、誰かと一緒のときに感じる寂しさもある。

誰かと一緒にいるからこそ感じる孤独もある。

誰かと一緒にいるからこそ感じる孤独もある。

「誰かがそばにいたら寂しくない」と思いがちですが、一人の寂しさもあれば、誰かと一緒のときに感じる寂しさもあるものです。

人は、心が通じ合えない人と一緒にいると、寂しさを感じます。
その相手が、恋人であろうと、家族であろうと、です。

だから、独り身の人ほど、「自分だけが孤独なんだ」と思いがちですが、案外そうではないのです。
誰もがみんな、それぞれ孤独を抱えていることを、理解しましょう。


別れるのもエネルギーが必要

クリスマス前にインスタントに付き合って、その後、数か月で別れてしまうカップは少なくありません。

例え、相手を好きではない(もしくは、好きではなくなってしまった)としても、別れることで、手放しに清々しい気持ちになる人など、ほぼいません。

相手を傷つけてしまう罪悪感もあれば、自分だって傷つくでしょう。
さらに、元々寂しくて恋人を作ってしまった人にとっては、1人になることで、一段と孤独を感じます。

インスタントに恋人を作ることの代償というのは、意外と大きいものなのです。