風格のあるプラナカン様式「ホテル・プリ・マラッカ」

絢爛豪華でユニークな特徴をもつ“プラナカン”文化。“ババニョニャ”とよばれる少数民族が育んだ文化で、マラッカ、ペナン、シンガポールで発達。ここホテル・プリ・マラッカは、本物のプラナカン屋敷をホテルに改造したもので、いにしえのプラナカンの人々の生活を追体験できます。
ホテル・プリ・マラッカ

ヒーレン通りにたたずむ可愛らしい外観。プラナカンが好むパステルカラーで彩られている
 

ホテルの奥行き、なんと100メートル!

ホテル・プリ・マラッカのロビー

玄関からレセプションの間に、天窓から光が差し込むロビーがある。ロビーの床にはカラフルなイギリス製タイル。中国式の調度品と美しくマッチしている

ロビーの天窓

ロビーの天井は吹き抜けの天窓になっていて、自然光が明るく降り注いでいる

プチホテルのような可愛らしい外観のホテル。中に入って驚くのが、その奥行き。ロビーを抜け、中庭を抜け、さらに厨房が続いており、奥行きの長さは、なんと100メートルにも及びます。この造りこそ、伝統的なプラナカンの屋敷“ショップハウス”の特徴。その昔、納税の金額が家の間口の大きさによって決められていたため、納税額を下げるために間口は小さく、奥に長い造りになっているのです。

ショップハウスは、そのような造りの家がうなぎの寝床のように何軒も横に連なっているため、窓がありません。そこで、外光を取り入れるための工夫として、吹き抜けと中庭があります。ホテル・プリ・マラッカのロビーは、天窓付きの吹き抜け。ロビーを抜けると中庭があり、ここは完全に外なので雨も降ります。玄関に入ったあとに、庭があり、また部屋に戻るなんて、なんとも不思議ですよね。

 

プランカンが保有する調度品の数々

ホテル・プリ・マラッカ

ロビーの奥にある調度品が飾られた部屋。プラナカンの歴史も説明されている

ホテル・プリ・マラッカの中庭

朝ごはんは中庭で。マレーシア朝食の定番カヤトーストと珈琲も用意

さて、プラナカンについてすこし詳しく説明しましょう。プラナカンとは、15世紀に渡ってきた中国人と現地に暮らす女性が結婚し、彼らの子孫が育んだ文化。中国本土とマレー半島の文化が融合したことで、どちらの国とも違う、個性的で魅惑あふれる文化となりました。また、占領時代に発達したため、西洋のものを積極的に取り入れているのも特徴。

飾られている調度品は、螺鈿細工が施されていたり、黒檀の家具であったりと、一見すると中国式のものにみえます。そこに、西洋のカラフルなタイルや花柄のレリーフを組み合わせたり、マレー建築にみられる透かし彫りが施されているのがプラナカンならでは。様々な様式が見事に、美しくミックスしているのです。

ホテル・プリ・マラッカの部屋

清潔感のあるスタンダード・ツインの部屋

部屋は全82室で、小さいながらもすべて窓付き。お手頃値段の「スタンダード・ツイン」は広くはありませんが、水回りの設備は清潔で、じゅうぶんにリラックスできます。また、思い出のホテルステイにしたいなら、趣のある調度品が飾られた「スイート・ルーム」をおすすめします。

 
ニョニャ・クバヤ

ニョニャ・クバヤを着た女性スタッフ。バティック生地の巻きスカートを合わせている

また、女性のスタッフはプラナカンの民族衣装である“ニョニャ・クバヤ”を着用しています。Vネックの薄手のジャケットに、色鮮やかなフラワーモチーフの刺繍。お土産にも購入できるニョニャ・クバヤは、現地ではロングの巻きスカートに合わせていますが、ジーンズの上にシャツとして、サラッと羽織っても素敵なんですよ。

ジョンカー通りまで徒歩3分という抜群の立地。マラッカステイを彩ること間違いなしのホテルです。

<DATA>
Hotel Puri Malacca(ホテル・プリ・マラッカ)
住所:118 Jalan Tun Tan Cheng Lock
TEL:+60(6)282-5588
アクセス:オランダ広場から橋を渡り、通称「ヒーレン通り」を100メートルほど進んだところ
料金:スタンダード・ツイン150++リンギット(約5300円/朝食込み)~
客室:スイートルームを含み全82室
※部屋の中のインテリアにこだわりたいならスイート・ルームを選びましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。