男心を理解しよう! 男性が持つ狩猟脳とは?

男心を理解するには「狩猟脳」を知ろう

男女の脳には大きな違いがあった!

人間は原始時代から、男性と女性における仕事の役割分担がなされてきました。当時、男性は狩りに行って食糧を調達する役目を。女性は近くの人たちとの調和をはかりながら、木の実を採ったり、子供を育てるという役割を担っていたのです。

現代のように夫婦共働きなど男女の平等化が訴えられる時代ではありませんでしたから、生き残るためには男性が命懸けで狩りをし、家族を養うほかなかったのです。時代が変わってもしばらくはその名残が根強く残り、男性は外で働き、女性は家庭を守るという役割分担が多くの家庭でなされていましたが、現代においてはその観念もなくなりつつありますね。

とはいえ男性の脳には、獲物を捕えるという本能がなおも強く受け継がれているのです。狩猟採取の原始時代を振り返ると、男性が狩りをし家族を守り、長として君臨していたわけですから、自分の能力を見せつければ地位を築き尊敬が得られるという思考回路が、とうの昔から出来上がっていたのでしょう。

そうした遺伝子が現代まで受け継がれた結果、単純に言うと男性は“出世したい”“お金持ちになりたい”“女性からモテたい”といった欲望を持つようになったのです。そう、近年、草食男子が増加傾向にあると言われても、狩猟脳を持つ男性には潜在的にハンターとしての資質が残っているのです。「好きな人を自分のものにしたい!」という独占欲も、狩猟脳を持つ男性の方が実は遥かに強いと言われています。
 

男は手に届きそうにない獲物=女性を追いかけたい!

狩猟脳を持つ男性は、常に獲物を狙っています。基本、男性は一つの物事にしか意識が向けられませんから、その対象が女性になれば、目をギラギラさせて周囲にいる女性を目で追うでしょう。

そして、簡単には得られない獲物にほど闘争心を燃やすのです。というのも、努力もせず簡単に手に入る獲物は、その程度のものと見なされすぐに飽きが生じてしまうから。また、命懸けで狩りを行っていますから、命を落とす覚悟で戦うなら、よりレベルの高い、手に届きそうにない大物を狙おうとします。
 

なぜ男性はレベルの高い女性を追いかけるのか?

簡単に振り向かないのが必勝法

簡単に振り向かないのが必勝法

たとえば、とある男性が1年かけて100万円を費やし、やっとのことで好きな女性を手に入れたとします。すると男性は、かけた時間と労力、そのために費やしたお金だけ彼女を愛そうと、大切な宝物を愛しむようにとても大切にするでしょう。

けれどもし、1度の食事で女性が落ちたら、その人には1万円程度の価値しか見出せなくなってしまうのです。そうすると狩猟脳を持つその男性は、今度は5万円かけてさらにレベルの高い女性を落とそうと躍起になります。

つまり、男女の場合でいうと、出会って間もなく身も心も許してしまう女性というのは、男性側からしてみると容易く獲物が手に入ったも同然。すぐに心が満たされ、「もういいや」という心境に陥るのも非常に速いのです。

しかし3回デートをしても手をつなぐのがやっと。キスに至るまでに数ヵ月も時間を要す女性なら、男性はどう思うでしょう? 手に届きそうで届かないそんな魅力的な女性の心を引き寄せようと必死になるのです。喜ばれるデートのプランニングやプレゼント作戦といった、さまざまな労力とコストをその人のために費やそうとします。
 

労力をかけて手に入れた女性は愛される!

純粋な気持ちで愛していたとしても、その延長線には“彼女を独占したい”という気持ちが強くあります。実は男性からすると、恋人になるまでの過程に費やされる時間とお金、労力の大きさが、その女性の真価だと考えるのです。

つまるところ、狩猟脳を持つ男性は、価値のある、自分の命が惜しいと思わない魅力的な女性にしか本領を発揮しないのです。いいや、もしかすると自分の潜在能力以上のものを引き出してもらいやっと手に入るか入らないか……というハイレベルな女性を自分のものにすることで、男性は満足感を得ようとします。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。