■“じぶんホテルの作り方”は1~7まであります。
まだお読みでない方は、ぜひ、1からスタートしてみてください。
>> 1:「“じぶんホテル”はホテル基準の部屋づくりメソッド」へ


インテリアリストを使って“じぶんホテル”づくり!
リビングに書斎コーナーを作ってみる

リビングなどの広い部屋は、分割したシーンごとにリストを作ると、エレメントが整理しやすくなります。今回は、リビングのホテル化のために、ソファまわりと書斎コーナーの2枚を作りました。まずは書斎コーナーから整えてみます。ホテルの客室には必ずデスクがあって仕事ができるようになっているので、この雰囲気をリビングに導入する、という計画です。
インテリアリストを使って”じぶんホテル”づくり!

エレメントリストは、あなたにとっての“ホテルらしさ”を演出するアイテムは何か、を明らかにするためのもの。人によって捉えるポイントが異なるので、同じ空間を素材にしたとしても同じになるとは限りません(写真をクリックすると大きく表示されます)

リストを作る際に心がけることは「今あるものを使う」という視点。今持っているものを点検しながら、なるべく近い雰囲気にするにはどうしたらいいか知恵を絞ります。お手本に近づけることを考えながら作ったリストには、既に「使うもの」「買うもの」が書かれているので、これをもとに模様替えを行うと、あっという間に完了します。

お手本ホテルと私たちの住まいは違う空間ですし、家具も違うのですから、まったく同じインテリアになることはありません。でも、ある程度近づけることは可能だと実感できます。もちろん、「なんだか違う!」と思うこともあります。そんなときは、何が違うのか、どのアイテムを、どんなものに置き換えればもっと素敵な空間になるのかを考えましょう。
リビングに書斎コーナーを作ってみる

左がお手本、真ん中が再現結果、右がディテール。デスクのスチールやフォトフレームの黒色が印象的なので、手持ちのキャンドルスタンドを置いてみました。ステーショナリーを載せるトレイが小さいので、便箋は折って封筒の中へ。また、届いた手紙を開封することを考えてハサミも置くことに(写真をクリックすると大きく表示されます)

この事例では、お手本に比べてフォトフレームの縁が広すぎて印象が強いので、買い替えを考えたほうがいいかもしれません。また、デスクにライトを置いてみたら思ったより狭くなってしまったので、買い足しを迷っていたバインダーやメモ帳は、ここには置けない、という判断ができます。これらの結果もリストに書き込んで、最終的な調整に役立てましょう。

書斎コーナーが作れたので、次はソファまわりを整えてみます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。