理想があれば成功する! ホテルスタイルの部屋づくり 

みなさんはインテリアに対する希望はありますか? では、それを具体的に説明できますか? 理想のインテリアのイメージや基準は、自分が考えているほど明確ではないものです。

インテリア雑誌の写真を見ては「これもいい」「あれも素敵」と心動かされ、その時の気分で小物を買い求めると、統一感のない部屋になってしまいます。基準が明確になれば、迷うことも、無駄な買い物をすることもありません。ではどんな空間をお手本にすればいいのか。ガイドのおすすめはホテルです。
理想があれば成功する!undefinedホテルスタイルの部屋づくり

インテリアが決まらないのは、最終的に「こうしたい」というイメージが固まりきっていないから。好みのホテルのインテリアをお手本に、色合いやバランスを考えていけば、美しい部屋を手に入れられます(写真をクリックすると大きく表示されます)

美しく整えられたホテルには、眠る、食べる、身支度を整える、など、暮らしに必要な要素が全て詰まっています。自宅を、常に整ったホテルスタイルに変えるのは、コツさえ分かれば実は簡単! まずは、すぐに真似できるテクニックをご紹介しましょう。

いますぐ真似できるホテルスタイル 

ホテルっぽい雰囲気を作り上げるのに効果的なのは、タオル類と水回りの小物です。1日に家族で使うタオルの総枚数を決め、同じブランド・同じ柄(または同系色)で揃えます。ホテルらしさが出るのは白ですが、同系色のグラデーションで揃えるのも美しいですね。タオルは、洗い替え用も含めて2~3セットを用意します。統一感を出すことが重要なので、このセットは崩さないこと。
いますぐ真似できるホテルスタイル

常に整っていて美しい、ホテルのようなインテリアを目指すなら、まずは水回りから。タオルをきちんとたたんで、見せ方を考えながら重ねるだけでも違います!(写真をクリックすると大きく表示されます)

タオルの畳み方にも、ひと工夫を。タオルを畳んだら、手前に輪の部分が来るように置きます。布の端は、表に出してはなりません。コップなどと一緒にまとめれば、ホテルっぽさが増します。タオルを統一するのに多少のコストはかかりますが、意外に簡単でしょう? こんなふうに、一定のメソッドに従って考えれば、ホテルスタイルのインテリアを作るのは難しくないのです。

今ある家具を活かせる“お手本ホテル”を探そう 

ひとことで“ホテルスタイル”と言っても、ホテルの雰囲気はそれぞれ異なります。数あるホテルの中から、どのスタイルを目指せばいいのか。実は、このお手本ホテルは、単に好みで選ぶのではありません。各種の負担を少なくするために、今のインテリアを生かせて、好きなテイストにも近づける、というアプローチが正解です。

まずは、床や壁の色などが似ていて、真似できるポイントが多いホテル、家具の雰囲気が似たホテルを、旅行雑誌や写真集、ホテルの予約サイトなどでチェックし、いくつか探し出してください。なお、持っている家具に直線的なデザインが多いならモダンなシティホテル系、ナチュラル系の家具が多ければ、北欧風やコテージ風のインテリアに近づけられますので、ホテルを探す手がかりとしてみましょう。

そんなお手本ホテルが探し出せたら、次のステップへ。次回からは、具体的な“じぶんホテル”のつくりかたを紹介していきます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。