ブラジルのインターネット・Wi-Fi事情

ブラジルでもインターネットは急速に普及しており、アクセス人口数では、日本に次ぎ第5位と言われています。ただし、残念ながら政府による無料Wi-Fiの普及率は、全国で13%という低さ……。Wi-Fiルーターを持参する予定のない人は、民間施設が提供するWi-Fiサービスを上手に利用しましょう。

なお、ブラジルではモバイル全般、特にiPhoneやiPadは高級品。狙われないように、場所を選んで利用して下さい。

無料Wi-Fiスポットを利用する

starbacks

無料Wi-Fiサービスを提供しているスターバックスコーヒー

空港やホテル、ショッピングセンター、レストランなどでは、利用客向けにWi-Fiサービスを提供している場合があります。ホテルは予約前に確認するのがベスト。それ以外の場所では、施設のスタッフにWi-Fiが利用できるか聞いてみましょう。無線スポット(ホットスポット)表示がなくてもサービスを提供している店舗もありますし、システム不調などでID、PWが変更されている場合も多々あります。パスワードはポルトガル語で「セニャ(Senha)」といいます。

利用者登録(Cadastro)が必要なスポットは、外国人の場合、通常パスポート番号の入力が求められます。こちらは、登録案内がポルトガル語のみの場合も多く、ハードルが高いかもしれません……。

 

■無料インターネットを提供するチェーン店例
Fean's Cafe

無料Wi-Fiサービスを提供しているブラジルのカフェ

マクドナルド、バーガーキングといったおなじみのファーストフード店やFran's Cafe、Suplicy Cafeといったブラジルのコーヒーチェーンも無料Wi-Fiサービスを提供しています。スターバックスは、1度ユーザー登録をすると、どの店舗でも同じID・パスワードでネット接続可能なサービスを提供しています。しかも登録が英語でできて安心です。

 

プリペイドSIMカードの利用について

Claro

携帯キャリア「クラロ」店舗

ここ数年、ブラジルではスマートフォンからネット接続するユーザー数が急激に伸びています。モバイル利用者の7割以上がプリペイドのカードを利用していると言われ、街角の雑誌スタンド(キオスク)でも500円(10レアル)程度でSIMカードの購入やチャージが可能です。

SIMフリーのスマホがあれば、旅行者も現地価格でネット接続や通話が可能です。ただし、気をつけたいのが利用開始時。通常、カードの利用を開始する際には、音声ガイダンス(ポルトガル語)に従って、CPFと呼ばれるブラジルの納税者番号の入力が求められます。CPFを持たない旅行者は、携帯電話キャリアの店舗でSIMカードを購入し、その場で店員に開通の手続きをしてもらう必要があります。この手続きの際には、パスポートの持参を忘れずに。

vivo

携帯キャリア「ヴィヴォ」店舗

ブラジルの主要携帯キャリアは、Claro(クラロ)、TIM(チン)、Oi(オイ)、Vivo(ヴィヴォ)の4社。現段階で外国人旅行者も購入できるパッケージには、クラロの「Fala Mais Brasil」とヴィヴォの「Vivo Sempre」があります。

外国人観光客が増える国際イベントを控え、他のキャリアもCPFを持たない旅行者向けサービスを充実させる見込みなので、チェックしてみて下さい。

なお、ポルトガル語でSIMカードは「シッピ(Chip)」、プリペイドは「プレ・パゴ(Pre-pago)」です。


減少傾向のインターネットカフェ

一時は至る場所にあったインターネットカフェ(Lan House)ですが、ここ数年、スマホ及びタブレットの保有率上昇とインターネット接続料金の低下により、だいぶ少なくなりました。それでも、大自然を楽しむような僻地の観光地ではまだ顕在のようです。必要に応じて利用してみて下さいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。