楽しくて美味しい!ハンブルクのフィッシュマルクト

fischmarkt

新鮮なシーフードはもちろん、果物にチーズ、お菓子にコーヒーまで何でも揃うフィッシュマルクトは見て歩くだけでも楽しい!

港町ハンブルクでの食の楽しみは、なんといっても新鮮なシーフード。もしも日曜日にハンブルクにいるならば、ぜひ早起きして300年以上の歴史を誇るフィッシュマルクト(Fischmarkt)をのぞいてみてください。シーフードはもちろん、果物にお菓子、衣類や雑貨の屋台まで揃う活気ある市場では、あちこちで名物のたたき売りが行われ、見て歩くだけでも楽しいものです。ここでは、フィッシュマルクトを丸ごと楽しめる情報をご紹介しましょう!

うんとお腹を空かせて、食べ歩きを楽しもう!

fischbrot

旨みが凝縮された小海老のほか、ニシンやサーモンのサンドイッチ、タルタルソースで食べる魚フライなど美味しい物がいっぱい

fischfranz

ハンブルク名物のぺたんこクロワッサン

フィッシュマルクトとは、文字通り魚(フィッシュ)の市場(マルクト)。この市場では魚のほかにも様々な屋台がありますが、やはりシーフードは大充実。レモラード(ドイツ風タルタルソース)で食べる魚のフライや、新鮮なマチェス(ニシンの塩漬け)、小海老やサーモンをのせたサンドイッチなどは朝ごはんにもぴったり(3ユーロくらい~)。シーフードの他にも、ハムやチーズ、パンやクレープ、コーヒーなどおいしい屋台がたくさんあるので、お腹をうんと空かせて行くことをおすすめします。

見るだけで楽しい!フィッシュマルクト名物のたたき売り

fischfisch

フィッシュマルクト名物、魚の燻製や果物のたたき売りはエンターテインメント性高し!安さにもびっくり

フィッシュマルクトの名物ともいえる「たたき売り」。うなぎの燻製からお菓子に観葉植物まで、あちこちでいろんな商品を売る威勢のいい声が聞こえてきます。その口上のう まさはまさに職人芸! 思わず見入ってしまいます。

fischfrucht

こんなに入って10ユーロ!籠も素敵

見ているだけでも楽しいたたき売りですが、安さにもびっくり。時間が経つにつれてますます値引き合戦は白熱し、こんなにいっぱい入ってこの値段?! と目と耳を疑いたくなるほどです。なかでもガイドが注目したのは、フルーツ・バスケット。あふれんばかりのフルーツが素敵な籠に入って10ユーロ! 籠だけでも通常はもっとお高いものなので、かなりのお得感があります。シーフードや植物はさすがに日本へ持ち帰れませんが、保存のきくお菓子や食品ならお土産にもいいかもしれませんね。

ライブ演奏とビールを楽しめるマルクトハレ

markthalle

ライブミュージックを聴きながらビールや軽食を楽しめるマルクトハレ。2階にはレストランもあり

フィッシュマルクトに隣接する建物は、1896年に魚の競り市として開かれた「マルクトハレ」。現在はイベントホールとして使われていて、フィッシュマルクトが開催される日曜日には、ステージでコンサートが行われ朝から熱気ムンムン。ホール内にはテーブルと椅子も用意されているので、のんびり音楽を聴きながらビールや軽食を楽しむことができます。しっかり食事をしたい場合は2階のレストランへどうぞ。

がんばって早起きしよう!

市場とは早い時間から始まるものですが、ここのフィッシュマルクトも朝5時から(冬期は7時から)と早朝スタート。9時半までと開催時間が短く、時間が経つにつれて人混みも凄まじくなります。フィッシュマルクトをより楽しむためには、土曜の夜は早めにベッドに入った方がいいでしょう。もしくは、(元気がありあまっている人向けですが)ドイツの若者に習って夜通し遊んでそのまま市場へ向かう、というのも手です。どちらにしても、できるだけ早い時間に行くことをおすすめします。

※人が集まる場所での鉄則ですが、くれぐれも貴重品にはご注意くださいね。

<DATA>
■Fischmarkt
住所:Grosse Elbstr. 9 周辺
営業時間:毎週日曜 5:00~9:30 11~3月は7:00~9:30
アクセス:SバーンReeperbahn駅から徒歩10分、 SバーンまたはUバーンLandungsbrücken駅から徒歩12分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。