鉄人シェフの呼びかけで出来た、究極のピザのお店

解説画像

天井が高く、洗練された作りの店舗

注目のマリーナベイサンズエリアで、気取りすぎず、でもやっぱりお洒落で美味しいご飯が食べたい!という時におすすめしたいのが、PIZZERIA MOZZA。

ロサンゼルスに本店があり、アメリカ版「料理の鉄人」で有名な、マリオ・バタリシェフの「美味しいピザを作ろう!」という呼びかけに答え集まったシェフ達が、究極のピザを求めて創り上げたお店で、海外で食べられるのは、ここシンガポールだけ。

本場イタリアさながらの、活気あふれる店内

解説画像

にぎやかな店内

お隣りには、同じ系列のイタリアン、「RISTRANTE MOZZA」があり、かなりフォーマルな雰囲気ですが、こちらのPIZZERIAは、カジュアルに家族や仲間同士、ワイワイ言いながら飲んで食べて、が似合います。実際、小さいお子さん連れの姿も目立ちました。

 
解説画像

こだわりの薪釜

店内に入ると、まず目を引くのが、中央に据えられた薪釜。カウンター席に座ると、目の前でピザがこんがり焼けているのがよく見えます。その傍らでは、ピザ職人さんが、ピザ生地をくるくる宙に放り投げながら整形。手早く具材がのせられ、焼き上げられたピザが、次々にテーブルに運ばれていき、熱々のピザが頂けるようになっていて、美味しいものを、美味しいうちに、というお店側の思いが伝わって来ます。

 

素材の良さが伝わる前菜の数々

注文すると、まず運ばれてくるのが、クリスピーで、雑穀やハーブの混ざった、薄いクラッカーのようなもの。素材にこだわっているこちらのお店らしく、自然な味わいが嬉しいところ。食事の邪魔にもなりません。
解説画像

アスパラの自然な甘みが楽しめます


前菜は、アスパラガスとプロシュート(17シンガポールドル)。このアスパラガスも、薪窯で焼いてくれます。フレッシュで甘みのあるアスパラガスに、プロシュートの塩気が良く合います。

 
解説画像

ライスコロッケ

ライスコロッケ Arancine alla bolognese(アランチーニ・アラ・ボロネーゼ 15シンガポールドル)はふんわりとしたミートボールサイズのコロッケ、ボロネーズソースのトマトの自然な甘み、中がクリーミーで、とっても美味しかったです。

 
解説画像

もうひとつのスペシャリテ、ラザニア

そして、もうひとつのスペシャリテが、このラザニア(30シンガポールドル)。表面だけが程よくこんがり焼かれ、内側のクリーミーなソースがやさしくラザニアに絡んで、絶品です。ここはやっぱり、火の通りが絶妙だと感心します。

 

生地からできたて、熱々のピザ

解説画像

目の前でこ~んがり焼けるのを見られます

薪窯のピザは、迷ったあげく、 パルマ産プロシュート、ルッコラ、トマト、モッツァレラ(31シンガポールドル)をチョイスしました。自分のオーダーしたピザが、みるみるうちに出来上がって行くのを見られるのも楽しいです。

釜から出したての焼きたてのピザは、小麦の香りがしっかりする香りの良い生地がこんがり焼けて、香ばしい香りを放っています。縁の方はふっくらふくらんで、その縁の部分は、焼きたてのフランスパンのように、中がほのかに水分を残して柔らかく、外はカリカリです。

 

解説画像

鉄人の薪釜ピザ登場!

ナッツの香りのパルマ産のプロシュートと、ほんのりとした苦みのルッコラも最高。30センチ以上あって かなり大きめサイズなので、色々頼んでシェアして食べると、楽しいかも。ただ、美味しいので、最初は大きさに圧倒されつつも、意外とぺろっと食べられてしまいそうでもあります。

具材がプロシュートだった為か、やや塩気は強めだと感じました。ワインやビールを片手に、つまみながら食べる、という選択肢が一番ぴったり来そうです。

マリーナベイサンズで、にぎやかにイタリアンを食べたい時に、お勧めです!

<DATA>
■PIZZERIA MOZZA
営業時間:12:00~23:00(無休)
住所:10 Bayfront Avenue B1-42/46 Marina Bay Sands Singapore 018972
電話: +65 6688 8522
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。