近年、スーツやジャケットと言えば、2つボタン、3つボタンのシングルブレストの型が主流ですが、そろそろシングルに飽きてきた人も多いのではないでしょうか? でも、突然、ダブルブレストのスーツを着ると偉そうに見えて何となく気恥ずかしいものですよね。でも、ダブルでもベーシックな上質なジャケットを一着持っていれば、何年もの間長く着ることができるし、シングルに飽きてきたときに、その紺ブレを着るだけで気軽にイメージを変えることができます。そこで今回は、この秋に一着揃えておきたい定番アイテム、ダブルブレストの紺ブレの選び方について解説します。

紺ブレとはそもそも紺色のブレザー、ネイビージャケットのことで、制服などに使用されることから、定番イメージの非常に強いアイテムです。紺ブレを選ぶときのポイントは大きく2つあります。それは、素材とボタン数です。
ダブルの紺ブレ

もっとも定番は6つボタンで2つ掛けの紺ブレ。まず最初に買うのであればこのタイプのものを。



次のページでは、秋の紺ブレの素材とボタンについて解説します。