ヒットメーカーのトーレ・ヨハンソンを迎えて製作されたアルバム

■アルバム名
Heaven’s Kitchen

■アーティスト名
Bonnie Pink

■販売元
ポニーキャニオン

■おすすめ理由
スウェーデン人プロデューサーのトーレ・ヨハンソンを迎えて製作されたボニー・ピンクのセカンド・アルバム。トーレ・ヨハンソンといえば、当時は出すアルバムが必ず売れるといわれたヒットメーカー。カーディガンズやフランツ・フェルディナンドも担当し、同時期には原田知世のアルバムもプロデュースして話題となりました。

ボニー・ピンクはどう見ても日本人の女の子ですが、ボーイッシュな赤毛のショートという中性的なヴィジュアルと異様にうまい英語の発音のせいか、正体不明の不思議な雰囲気を持つアーティスト。後に紅白出場も果たしますが、この「ヘヴンズ・キッチン」が出た当初はそんな感じのメージでした。

ラジオで初めてアルバムタイトルにもなっているシングル曲「ヘヴンズ・キッチン」を聴いた時のショックは忘れられません。ファルセットを使ったアンニュイで自由な歌い方、途中で英語に切り替わる台詞はとてもインパクトがありました。

恋の不安を降り始めた雨に重ねて歌った「It's gonna rain!」も情緒のあるテンポの良いナンバーです。おしゃれで落ち着いた女性ヴォーカルを聴きたい人におすすめです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。