アメリカの一流クリエイターが集結して製作したアルバム

■アルバム名
Sound Of My Heart

■アーティスト
松田聖子

■販売メーカー

ソニー・ミュージック

■おすすめ理由
12枚目にして初の全編英語版アルバムで、プロデュース、作詞作曲もアメリカのアーティストにより製作されました。マドンナを代表とする当時の80年代ポップミュージックにも通じていて、一生懸命背伸びしてアメリカのアーティストに近づこうとしている聖子がとても愛らしいです。英語の発音がたどたどしいのはご愛嬌。とはいえ、当時の一流クリエイターが集結しているだけあり楽曲のクオリティはとても高いです。

オープニング曲「DANCING SHOES」は80年代ポップミュージックの特徴の一つでもあるダンスをテーマにしたアップテンポなナンバー。ダンスに誘う・誘わないとか、聖子ちゃん完全に米国かぶれ!って笑って突っ込みたくなりますが。全編にわたりポップで楽しいキャッチーな曲が揃っています。

が、失恋バラードのエンディング「TRY GETTIN' OVER YOU」で締めるのは、やはり聖子。グラミー賞も受賞しているマイケル・ボルトンが作った曲なんですが、Cメロの盛り上がりが鳥肌モノ。聖子流80'sポップを堪能して下さい。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。