ウエストコーストロックの代表作とされている名盤

■アルバム名
Deja vu (デジャヴ)

■アーティスト名
CSN&Y(クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)

■おすすめ理由
もともと別の有名バンドに所属していた人気アーティストが集まって結成されたスーパーバンド。
そのスーパーバンドのはしりともいえるのが、CSN&Y。
バッファロースプリングフィールドのメンバー、デヴィッド・クロスビーとスティーブン・スティルス、元バーズのDavid Crosby、スティーヴン・スティルス、元ホリーズのグラハム・ナッシュ(Graham Nash)にニール・ヤング(Neil Young)という当時としては人気絶頂のメンバーが揃ったバンドのデビュー作が「Deja vu」です。

全員がリードボーカルをとれるメンバーが集まっているので、コーラスハーモニーが美しいのが特徴。アコースティックな楽曲にニール・ヤングのロックテイストの加わったギターサウンド。

映画「ウッドストック」の主題歌となった同名の「Woodstock」、映画「小さな恋のメロディ」の主題歌となった「Teach your children」(トロッコに乗っていくあのラストシーンのバックでかかってます)、ニール・ヤングのソロアルバムにも収録され今もライブなどで演奏されているhelplessなど名曲揃いのアルバムです。

ニール・ヤングが参加したCSN&Yとしての活動はこの作品限り。
その後はCSNとして1988年と1999年にアルバムを発表しています。
ウエストコーストロックの代表作とされている名盤です。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。