親が子どものお手本となって行動する

■名言
「子供は親の言うことはきかないが、親のする通りにはするものです。
親の生き方こそ子供にとって最高の教材です」

出典
牧師のジョセフ・マーフィー

おすすめの理由
自分にも言い聞かせながら子育てをしています。
ついつい熱心に期待を掛けて『こういう子になって欲しい』と口うるさくなってしまいがちですが、
口うるさく子どもに接していると、その言われた通りの子になるのではなく、
『口うるさい子』になってしまうと思うのです。

言葉で説明するのは簡単。
自分が出来ないことでもいくらでも言えるからです。
自分がお手本になって行動するのが一番難しいけど大切なことですよね。


今までに出会ったママ友で、いい人と思っていたのに裏切られたような仕打ちに合った、
あの人にも送りたい言葉です。あんないい人なのに、なんで息子はお友達に対して手が出て
困るような子なんだろう、不思議だな、と思いつつかばっていたけど、
結局「いい人と思われるため、自分の体裁が一番大事でいざとなったら
周りの同情をひいて友達を上手に悪者扱いするような人」でした。
うわべでは子どもに一生懸命謝らせてたけど、結局どうして親の言うことをきかないかというと、
相手への思いやりが足りなかったんですね。とっても残念な人でした。





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。