専有部分

【せんゆうぶぶん】

一棟の建物のうち、構造上で区分され独立して住居、事務所、店舗などに利用できる部分で、区分所有権の対象となるものが「専有部分」である。構造上および利用上の独立性が要件とされるが、マンションであれば「それぞれの住戸の内部のこと」と考えれば分かりやすい。

マンションのエントランス、階段、廊下、エレベーターなど、専有部分以外の部分は共用部分である。バルコニーなども共用部分であるが、そのバルコニーなどが接する部屋の区分所有者などが専用で使用することになる(専用使用権)。

「専用部分」、「占有部分」などと紛らわしく、用語を誤って使用しているwebサイトもときどき見かけるが、「専用部分」は専有部分にバルコニーや玄関前ポーチなどの専用使用部分を加えたものであり、「占有部分」は利用上の事実状態を表す。

>> 共用部分

【関連記事】
マンションの「専有部分」とは?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。