「ミニスイス」とも言われる景色を10軒の涼み台から楽しむ

 

 

■撮影時期
2009年8月

■撮影場所

六十石山

■おすすめポイント

花蓮県にある六十石山には、ゆるやかな丘が重なり、連なり、時にはカゴを持って畑で作業をしている方がいらしたりと、美しくものどかな風景が広がっています。その見事な風景から、「ミニスイス」とも言われているそうです。

そんな素晴らしい景色を、点在する10軒の涼み台から様々な角度で楽しむことができます。その涼み台は全て異なる形をしていて、鹿剣、観親、尖閣、黄花、鹿葱、山嵐、忘憂、萱草、丹棘、療愁などと、ロマンチックな名前がついています。

時期によって(8月~9月頃)は、一面、金針花の黄金色で覆われた丘を見ることもできます。金針花は、朝花が咲いて夕方には枯れてしまうことから「忘憂草(ワスレグサ)」とも呼ばれ、「一日美人」と言われている儚い花だそうです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。