不動産売買の法律・制度/ガイド:平野の私的不動産用語集

等価交換

「等価交換」についての用語解説です。分譲マンションには等価交換によるものもあり、その特性を理解することが欠かせません。(2013年改訂版、初出:2006年8月)

執筆者:平野 雅之


等価交換

【とうかこうかん】

土地開発手法の一つ。マンションの等価交換では、土地所有者がその土地を売却して代金を得るのではなく、代わりにデベロッパーが建設したマンションの一部の部屋の権利を取得する。

土地所有者は自らの資金を使うことなく新築建物を手に入れられるうえ、税制上のメリットもある。デベロッパーは土地購入資金を手当てすることなく、マンション分譲事業を行なうことができる。

土地所有者は土地の代金に相当(自らの持分として残る分を除く)するだけの部屋を取得する(=等価交換)ため、複数の部屋を所有することになるケースが多い。一部屋を残して他の部屋を売却すれば、元の土地所有者と新たに区分所有者となった者とが同等の立場になるが、複数の部屋を所有したままだと「俺のマンション」といった勘違いを起こす元の土地所有者がいて、管理組合運営などに支障をきたすこともある。


【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます