土地区画整理法

【とちくかくせいりほう】

土地区画整理事業を円滑に進めるため、その施行者や施行方法、費用の負担などの必要事項を規定した法律で、1954年(昭和29年)に制定された。

土地区画整理事業の認可や公告、換地処分前において土地の形質変更や建物の新築・増築・改築をする場合の許可制度、仮換地の使用収益権、従前の宅地の使用収益制限などについて定められている。

【関連記事】
土地区画整理事業を理解するための基礎知識

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。