土地家屋調査士

【とちかおくちょうさし】

家屋を新築したり増改築したりしたときの「建物の表題登記」や、土地の分筆・合筆、地目変更の登記申請手続きなどを土地家屋調査士へ依頼する。

「建物図面」「各階平面図」「地積測量図」など登記申請に必要な添付図面の作成を伴うので、これを当事者が個人で行なうことは難しい。新たにする表題登記の費用負担が生じるとき、土地家屋調査士への報酬として10万円程度を見込んでおく必要がある。

土地の境界標が不明の場合の調査、復元、設置なども土地家屋調査士が行なう。

なお、登記記録のうち表題部に記録される登記(表示に関する登記)は従来「表示登記」といわれたが、不動産登記法改正(2005年3月施行)により「表題登記」と名称が変わった。

>> 司法書士
>> 不動産鑑定士

【関連記事】
登録免許税を正しく理解しよう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。