一列に並ぶ指輪の太さを統一することがポイント

 

 

和菓子の入っていた小さな空き箱が手に入ったので、指輪を入れるケースにしました!

■材料
  • 空き箱(今回は横6.5cm、縦11.5cm、高さ5cmの小さな箱です)
  • 60cm×60cmのフエルト
  • 箱の外装を飾るもの(自由に!)

■手順
  1. 最初に箱の外装を飾ります。
    外装のリメイクは、厚紙やマスキングテープなど、おなじみのアイテムです。
    レースのテープやスタンプ、シールなどを使うと可愛くできますね。
     
  2. 箱の大きさに合わせてフエルトをカットします。
    今回は箱がちいさな長方形なので、フエルトは半分に切りました。
    (30cm×60cmの大きさになりました)
     
  3. フエルトの短辺を箱の幅に合わせて折り、細長くします。
     
  4. フエルトの端を箱の高さに合わせて丸めて、
    箱に入れながら指輪を挟み込むひだを作って完成です!

■ポイント
このとき、ひだが箱にぴっちり詰まるようにすると、指輪を入れたときに安定します!

特にフエルトは固定しないので、指輪が増えたらひだをふやすことも可能です。
横向きにひだを入れて、ひだが多くなるようにしたのは、なるべく一列に並ぶ指輪の太さを
統一するためです。太さが違う指輪を一列に並べると隙間ができて
うまく固定できなくなってしまうので、注意が必要なのです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。