親子で楽しめる手作りバッグチャーム

 

 

「指結び」というのは今考えた呼び方です。
親指と人さし指に糸をかけてスパイラルノットを作る遊びを、
子供の頃にやった方は多いんじゃないでしょうか。小さなお子さんでも作れるはずなので、
親子で指結びを楽しんだあとに、アレンジしてバッグチャームにしてみましょう。

■指結びの作り方

 

 

上の写真が手順になっています

  1. 糸を人さし指にかけ、親指と中指でつまんで輪にします。
  2. 長いほうの糸を人さし指の根元側に手前からかけ、
    人さし指の下から図のように糸を手前にひっぱり出します。
  3. 人さし指の根元側の糸の輪を、指先側の糸にかぶせるようにはずします。
  4. 長いほうの糸をひっぱると結び目が出来ます。
    あまりきつく結ばないように注意してください。
  5.  1~4を繰り返す。
    何度も繰り返すとネジのように螺旋状の結び目ができます。
    これがスパイラルノットです。指にかけて結ぶので長さに限界がありますが、
    とても簡単で小さなお子さんでも慣れればどんどん結べるはずです。
  6. 糸どめをする
    これ以上結べないってところまできたら、長いほうの糸を、
    人さし指にかかっている輪に通し、短い方(親指と中指でつまんでいる方)の糸をひっぱればほどけなくなります。

    ここでどのくらい引き締めるかで糸の表情がかわります。全体をねじったりして螺旋の形をいい具合にととのえてください。多少ふぞろいでも気にしない気にしない。

■アレンジする
 

 

上の画像がアレンジ例です
指結びを何本かまとめます。このままでも可愛いかもしれませんが、
図のようにアクセントになるものを取り付けたら、もっと可愛くなると思います。

今回は白いレース糸を使ってかぎ針で花を編んでとりつけました。
可愛いボタンやリボンなど、手持ちのものを工夫してアレンジしてみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。