宅地比準土地

【たくちひじゅんとち】

宅地以外の土地で、固定資産税などの課税標準となる価格が「その土地と状況が類似する他の宅地の価格」に比準して決定された(決定される)土地のこと。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。