斜線制限

【しゃせんせいげん】

市街地における日照の確保や形態の整備などを目的として建築物の高さを制限する規定には、道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限などがある。

一定の立ち上がりと勾配をもった斜線によって制限されるため一般的には「斜線制限」といわれるが、建築基準法(施行令)ではそれぞれ「道路高さ制限」「隣地高さ制限」「北側高さ制限」という用語が使われている。

【関連記事】
建物の高さ制限、斜線制限のキホンを知る
斜線制限(キーワードでみる土地・住宅選びのポイント)



■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。