新耐震基準

【しんたいしんきじゅん】

1978年(昭和53年)の宮城県沖地震で大きな建物被害が出たことを契機に建築基準法が見直され、1980年に新耐震設計法が導入された。翌年(1981年)6月1日に施行され、それ以後に建築確認を受けた建物には新耐震設計法が適用されている。

一般的に、この新耐震設計法を指して「新耐震基準」といわれることが多いものの、耐震基準は2000年(平成12年)に大幅な強化が図られている。

【関連記事】
1981年に建築された建物は新耐震基準なの?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。