この瞬間に吸い込んだかもしれないという恐怖

■作品名
アウトブレイク

■監督
ウォルフガング・ペーターゼン 

■主演
ダスティン・ホフマン

■DVD/Blu-ray発売元
ワーナー・ホーム・ビデオ

■おすすめの理由

現在一番恐れられている病は、鳥インフルエンザから変異すると言われる、新型インフルエンザでしょうか。

40度以上の熱が続き、脱水症状、脳細胞の壊死、多臓器不全をへて死にいたる病というだけでなく、地球上の人間のほとんどが抗体を持たないというのが、一番怖い点なのでしょう。


この「アウトブレイク」は、そんな新種の病原菌を扱った、とても恐ろしい映画です。


ザイールのある村。目や口、耳から血を流す病に冒された村人たち。アメリカ軍の救援物資が届いたと、村の医師が空を見上げるとそれは……ナパーム弾でした。

数年後のアメリカ行きの飛行機の中。旅行中に風邪でもひいたのか、ひとりの青年が顔を赤くして震えています。熱が高いのか呂律もまわらず、うつっては大変と、彼に話しかけていた坊やをお母さんが慌てて放します。

どこにでもある風景。旅にでれば、行き合うかもしれない光景。
でもその彼が数時間後に、身体じゅうから血を噴き出して死んでしまったとしたら……?


この映画の病の致死率はほぼ100%。発症すれば、数日で死にます。アメリカが誇るCDCの検疫官たちも全く歯が立たず、各地から悲鳴のように寄せられる報告に、立ち尽くすばかり。このままアメリカ全土が飲みこまれるのならばいっそと、汚染されたアウトブレイク(集団、区域)は核の火で焼きつくされてしまうのか。


病原菌は目に見えません。
自分がいまこの瞬間、吸い込んだ空気に、それが含まれていたかもしれません。そんな状況下の人々の絶望と、それでも果敢に闘うダスティ・ホフマンの雄姿を、どうぞご覧ください。




■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。